バックナンバー

  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】

2017/06/04 (Sun) 11:41
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
     考える力・絶対学力を育てる
    =どんぐり倶楽部オンライン通信=
   どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
         2017/06/04号
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆気温があがって紫外線も強くなりました。歩いているだけで頭が痛くなりそうです。この時期は温度差も激しく、体調を崩しやすいのでくれぐれもご自愛ください。

◆大和ハウス工業が、全国の子どもを持つ共働き夫婦を対象に、「家事」に関する意識調査を実施しました。(対象は20代から40代の夫婦、計600名)

調査では、まず家庭での家事負担について質問したところ、「妻が10割」と回答した層が11%だったそうです。さらに、「夫1割・妻9割」「「夫2割・妻8割」をあわせると過半数を超え、「妻が7割以上」を含めると80%を超えていることが明らかになったそうです。

「妻も同じように働いているのに」「家事や育児に協力的でない夫」に対する意見を、知人や友人から聞くことも多いですが、今回その現実がデータとして表れていると思いました。

◆現状の子育てでは、仕事で疲れているのに保育園に迎えに行き、さらに子どもの手をひいてスーパーに買い物に行き、家に帰ったら様々な家事が待っているのです。

日本の女性の実質労働時間は世界で一番長く、睡眠時間は世界で一番短いという研究もあり、日本ではまだまだ「家のことは妻にまかせる」という意識でいる男性が多いかもしれません。しかし、近年では、家事や育児を助けてくれる親戚も近くにいない、近隣の人々とのつながりも薄いなど、母親が孤軍奮闘を強いられる状況にあります。

◆福岡県は全国的にも先駆けとなる「子育て応援宣言企業」登録制度や、官民連携の「福岡県女性の活躍応援協議会」を立ち上げるなど、子育て応援に先進的に取り組む県として注目を集め始めているようです。

「スタッフの仕事と生活の両立を考えて応援する上司(イクボス)」を増やす試み、子育て応援への取り組み姿勢を公共事業の入札にも反映させるなど、男性の意識改革を積極的に進めています。(BIZ FUKUOKA 2016年8月号)

その成果なのか、最近では、スーツ姿で保育園に迎えにいき、子どもの手をひいてスーパーで買い物をしているパパさんの姿もちらほら見かけるようになってきました。

◆パパさんの育児というのは周囲にあまりロールモデルもなく、いろいろと大変なことも多いのですが、2006年に設立されたNPO法人ファザーリング・ジャパンでは、メンバーの実体験をもとに、「新しいパパの働き方」(学研)を出版されています。

これを読んでみると、「子どもの年齢ごとにどんなパパとのかかわりが求められるか」「ママのパートナーに対するニーズはどんなふうに変化するか」などが、詳しくまとめられており、参考になります。

子育ての参考にされてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】
◇〔1〕「親として知っておきたいキャリアの話(その32)」
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その29)」
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
◇〔4〕どんぐり倶楽部オンライン ありがとう!10周年キャンペーンのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔1〕「親として知っておきたいキャリアの話(その32)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


福岡には、「月刊リトルママ」という子育て世代を応援するフリーペーパーがあります。
その中に興味深い記事が掲載されていました。

近年、育児休業を取得する男性も増えてきましたが、その期間は長くても1、2か月。
そんな中、夫婦二人で1年間の育児休業を同時に取得したご家庭での体験談です。

これはかなり珍しいケースだと思いますが、夫の上司がイクボスだったことから、「有給休暇もつなげて1年2か月の休みを、あっさり受け入れてもらった」そうです。

■育休により、夫はあらためて「家事も育児もわかちあうべきだ」と実感。夫婦で分担することで、お互いに自由時間が生まれ、妻はその時間を使って資格を取得し、キャリアアップにもつながりました。苦労も喜びも夫婦で分かち合えたことで、人生が楽しくなったという感覚があるそうです。
(月刊リトルママ 2017年3月10日号)

■以前にもこのメルマガで取り上げた「親なら知っておきたい 学歴の経済学」(西川純・学陽書房)の中には、次のようなことが書かれています。

「そこそこの大学に入学し、そこそこの企業に就職し、定年まで勤めるという漠然としたモデルはもはや不可能」
「高卒より大卒のほうが、就職に有利とは限らず、地元より都会にでたほうが生活が楽になるとは限りません」
「終身雇用や正規雇用は、今後もますます少なくなると覚悟した方がいい」
「今後の社会で豊かに生きるためには、共働きであることが必要となります」

■夫婦や家族のありかたはそれぞれだと思いますし、「こんな人生を送りたい」という個人の価値観もそれぞれです。

大切なことは、「数十年前の価値観をおしつけてくる親や親戚のいうままになるのではなく、自分なりの幸せのかたちを臨機応変に考えていく」ことだと思います。

■育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんは、雑誌のインタビューの中で次のようなことを言われています。

「これからの時代を生きるには、どんな力が必要か、それはどうやったら手に入るのかを考え、実行できることこそ、本当の意味での生きる力」

「生きる力には、物事を細部にわたってみる“虫の眼”。物事の全体像を見渡す“鳥の眼”。物事の流れを察知する“魚の眼”が必要。この3つの眼が良くなれば、身の回りの出来事をより正確にとらえることができる」

(アエラ・2017年6月5日号)

今まであまり考えたことはなかったのですが、「虫の眼・鳥の眼・魚の眼」という3つの視点は、面白いなと感じます。

歴史が苦手な甥っ子から(中学2年生)「昔のことを覚えて何になるの?」と質問されたら、今度この話をしてみようと思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その29)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、あるお母さまからメールで次のようなご相談をいただきました。

「前回のメルマガで、2年生になったら少しずつ考えるための絵を描くステージに移ることが大事とありましたが、どうしたら思考の忍耐力がつくのでしょうか」

実は同じようなご相談は、以前からとても多いのです。

■「じっくり・ゆっくり・丁寧に」と親御さんが言い続けているのに、「文章をよく読もうとせず」「答えを適当に出すこと」を続けるお子さんに、悩んでおられるご家庭が、日本中に非常に多いと感じています。

実は、どんぐり倶楽部の「考えない習慣のチェック表」には、次のようなことが書かれています。

1.頭だけで答えを考え、難しいという場合
(対処法・絵を描くように言う)
2.いい加減で、数字の入っていない絵をかく場合
(対処法・文章に書いてある通りの絵を描くようにいう。数字を書き込ませる)
3.絵の操作ができない場合
(対処法・操作の仕方を教える。こう描いて、こうすると何が見える?何が分かる?)

■たとえば、どんぐり問題に、次のような問題があります。

「どんぐりで できている じてん車を うっているみせが あります。1だいの じてん車には11この どんぐりが つかわれています。おみせに 6だいの どんぐりじてん車が あるとすると、どんぐりは みんなで なんこ あることに なりますか。」
(年長72 答:66こ)

この問題は、没頭して描いているうちに、ごちゃごちゃして、何を描いたのか分からなくなる、その様子をみて「もう何をやっているの?」と親御さんがイライラするということもあると思います。

■その場合は、たとえば、お子さんの描いた絵の中で、

1.お子さんの描いた11個のどんぐりのうち、10個だけを〇でかこむ(6台の自転車全部それを行う)
2.この状態でお子さんに「何が見える?何が分かる?」と質問してみる
ということをおすすめしたいと思います。

■「自分の絵をじーっと見てみる」と、時間はかかるかもしれませんが、

1.絵の中に10のまとまりが6個ある
2.それと残りの6を足すと、答えは66になる
というのに、お子さん自身が気づかれるかもしれません。

■どんぐりの取り組みに正解はありません。しかし、「自分の描いた絵をじーっとみる」ことで、確実に「目で考える力」は少しずつついてきます。

「目にみえないものを見る力」「自分で考えて工夫する力」を育てていくことは、今の時代とても難しいですが、日々の生活の中で親御さんがあせらず、小さなことや確実にできることからコツコツと続けていかれることをおすすめしたいと思います。
(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔4〕編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ありがとう!10周年感謝のプレゼントキャンペーン」を実施しています。
今回のプレゼントは、
1.「どんぐり教育研究会制作・糸山泰造DVD講義全51話」より、特に重要な5話を抜粋し、オリジナルデザインのCD(合計22分・資料付き)
2.「社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会さま かわいい絵柄のクリアファイル&オリジナルメモパッド

詳しくは、こちらからどうぞ。
http://donguriclub.jp/10th_anniversary/

※次号は7月2日(日曜日)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんぐり教育研究会
URL: http://donguriclub.jp/?mailmag=20170604
--------------------------------------------------
○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○お問い合わせは info@donguriclub.com まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━