バックナンバー

  • 2017/11/12 (Sun) 10:46
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月・増刊号】
  • 2017/11/01 (Wed) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月号】
  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】

2017/09/03 (Sun) 10:00
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
     考える力・絶対学力を育てる
    =どんぐり倶楽部オンライン通信=
   どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
         2017/09/03号
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今年の夏は、本当に暑かったですね。
夏の疲れがどっとでてくる時期なので、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

◆夏休み明けにお子さんの自殺が急増する問題をめぐり、対策に取り組む動きが広がっています。いじめや友人関係に悩み、新学期の登校がつらい子の気持ちによりそいたいと、チャイルドラインの相談体制の強化や、「児童館」などの居場所づくりの取り組みが行われています。(西日本新聞・2017年8月21日)

◆大学を卒業後、公立学校教諭・教育委員会指導主事などをへて、現在は小学校校長をつとめる斎藤卓也先生は、その著書「子どもをぐんぐん伸ばすいい言葉」(サプライズBOOK)の中で、「いじめを学校に相談しても解決しない場合」「教育委員会やほかの相談窓口に相談したい場合」など、具体的なアドバイスをされています。

◆いじめは、子ども目線で考えることが大事で、「ここが頑張りどころ」と突き放すのは厳禁だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】
◇〔1〕「親として知っておきたいキャリアの話(その38)
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その35)
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
◇〔4〕どんぐり倶楽部オンライン ありがとう!10周年キャンペーンのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔1〕「親として知っておきたいキャリアの話(その38)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■夏休み期間中に、「いい子に育てると犯罪者になります」(岡本茂樹・新潮新書)という本を読み返してみました。

子育ては「じっくり・ゆっくり・丁寧に」がいいとわかっていても、目先の中学受験やその他の習い事に追われて、「どうしても子どもにきつくあたってしまう」という親御さんが、日本中に大勢おられるように感じます。

この本の中では、「子どもにきつくあたってしまう」その理由の一つに、私たちがもっている「こうであるべき」という価値観がある、ということが、豊富な事例をもとにかかれています。

■たとえば、「我慢することが大切であると思っている」「弱いことは情けないと思っている」など、岡本先生が作成された20の価値観の中で、あてはまる項目が多いほど、子育てにおいても人間関係においても、ストレスをためやすくなる傾向があると分析されています。(先生は、臨床教育学博士の資格をもち、大学での研究・教育活動と同時に、刑務所での受刑者の更生支援に長年かかわってこられた方です)

■日本中にかなり多いと思われますが、幼少期に親から繰り返し「弱音をはくな」と言われ続けると、お子さんは「弱音をはいてはいけない」という価値観をもつでしょう。

「部屋の中を片付けなさい」と、命令形できつい口調で言われ続けると、成人して家庭をもったときに、子育てや仕事・介護などで忙しすぎて「片付けられない自分」に対して罪悪感をもったり、「片付けをしない」家族に必要以上に強烈な不満をもったりすることもあるかもしれません。

■日々メールやお電話でのご相談にお答えしておりますが、「ストレスのもとになっているのは、親である自分の価値観かもしれない」というこの本のメッセージが多くの親御さんに伝われば、日本の子育てが変わるのではないかと感じています。

これからの「変化の激しい」「先のよめない」時代には、ある程度「ストレスに強い」「性格的におおらかな子」に育てることは、とても大事だと思います。

(簡単に弱音をはかない、自制心や我慢する心を育てるには、実は外遊びが有効であるという内容のことが、最近の教育関係者の間では叫ばれています。親御さんがガミガミ言うより、よほど効果的だと私も思います)

グローバル化がすすむ時代を生きるお子さんたちには、「あの人とはあわない」「あの人のここが許せない」と、排除するのではなく、

「人間とふれあうのが好き」
「自分の言いたいことを丁寧に、様々な価値観をもつ人に伝えられる」
「自分のできないこと、苦手なことは素直に他の人に頼める」
「困ったときやピンチのときは、周囲の人に助けてと言える」

といった「人間力」「コミュニケーション力」が、これまでよりも一層求められるようになると感じています。

是非、子育てのご参考にされてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その35)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、あるお母さまと電話でお話をする機会がありました。

「小学3年生と1年生の子ども二人と、どんぐり問題に取り組んでいます」
「比較的楽しく取り組んでいますが、この場合はどうすればいいのかと親として悩むことが多い毎日です」
「特に子どもに、わからないと言われた時の対応が一番難しいです」

■実は、どんぐり問題をスタートした当初は、皆さん同じような悩みを持たれます。

「子どもにわからないと言われるとあせる」
「正解できないと不安になり、手とり足とり子どもに解法を教えたくなってしまう」

これだけではありません。どんぐりの取り組みをスタートして、わが子ではなく、「私自身の課題に気付きました」いう方が、日本全国に相当数おられると思います。

私たち親世代が受けた学校教育が「正解主義」(何が正解なのか)に偏っていたため、「正解しなければならない」という思いが、もはや洗脳に近いレベルにまで無意識にすりこまれている方も多いと思います。正解できないお子さんに対するいらだちが、強く沸き起こってくるのも仕方がないことかもしれません。

「自分にはそういう傾向がある」と意識するだけでも、お子さんとのかかわり方が、少しずつ変わってくると思います。

実は、そうやって親が自分自身を見つめ、お子さんとのかかわり方を変えていくことが、一番大事なことだと思います。

■これまでの日本の学校社会においては、教科書の内容を暗記し、知識を豊富にもっていれば、ある程度の評価が得られました。

しかし、これからの入試においては「論理的思考力」や「発想力」が、ますます重要視されるようになってきます。たった一つの正解ではなく、「それぞれが自分の考えを持つ」ことが強く求められるようになっているのです。

どんぐり問題は、お子さんが楽しく絵をかいて考えながら、「論理的思考力」や「発想力」が段階的に自然に身につくよう工夫されています。

どんぐりの取り組みでは、「問題に取り組むお子さんの姿勢」や「考えた過程」を重視します。お子さんが「わからない」と言っても、どこかしら工夫して絵が描けているところがあるはずです。

「正解」できなくても、いい。
一生懸命考えたこと自体を親も一緒に喜んであげる。

そんな姿勢で取り組むことを意識すれば、どんぐりの取り組みだけでなく、親子関係も少しずつ楽になり、親がお子さんに与えるプレッシャーも減ってくるかもしれません。

親も子も、「ありのままの自分自身でいられる」そんな家庭が、本当は理想なのではないかと感じています。

■たとえば、どんぐり問題に次のような問題があります。

「恐竜の卵チョコレートが100円で売ってあります。ガメラ君はこのチョコを3個買いたいのですが、120円しか持っていません。ガメラ君のお小遣いが、1日で30円だとすると、後何日我慢(がまん)すれば買えるでしょう」(3年生11:6日間)

■この問題は「割り算を習っていないと解けないのではないか」と思われる方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。

絵を描いていくとわかるのですが、180円足りないことに気付けば、あとは「1日30円、2日で60円」と、足し算で考えていくこともできます。

「ガメラ君のお小遣いは、1日30円。だとすると、1か月でいくらなのだろう」など、「答え」に関係なく、「お子さんが絵の中にかきこんだこと」「お子さんが発した言葉」などから、その時々のわが子の成長ぶりを感じることもあるかもしれません。

子どもが成長したな、と実感できるチャンスは、日常生活のいたるところに眠っています。その成長ぶりに気付けるようになると、子育てもどんぐり問題の取り組みも、楽しくなっていくでしょう。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔4〕編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ありがとう!10周年感謝のプレゼントキャンペーン」を実施しています。
今回のプレゼントは、
1.「どんぐり教育研究会制作・糸山泰造DVD講義全51話」より、特に重要な5話を抜粋し、オリジナルデザインのCD(合計22分・資料付き)
2.「社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会さま かわいい絵柄のクリアファイル&オリジナルメモパッド

詳しくは、こちらからどうぞ。
http://donguriclub.jp/10th_anniversary/

※次号は10月1日(日曜日)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんぐり教育研究会
URL: http://donguriclub.jp/?mailmag=20170903
--------------------------------------------------
○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○お問い合わせは info@donguriclub.com まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━