バックナンバー

  • 2018/08/19 (Sun) 09:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年8月・増刊号】
  • 2018/08/01 (Wed) 09:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年8月号】
  • 2018/07/22 (Sun) 12:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年7月・増刊号】
  • 2018/07/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年7月号】
  • 2018/06/10 (Sun) 13:57
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年6月・増刊号】
  • 2018/06/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年6月号】
  • 2018/05/08 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年5月・増刊号】
  • 2018/05/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年5月号】
  • 2018/04/15 (Sun) 10:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年4月・増刊号】
  • 2018/04/01 (Sun) 10:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年4月号】
  • 2018/03/09 (Fri) 13:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年3月・増刊号】
  • 2018/03/01 (Thu) 09:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年3月号】
  • 2018/02/13 (Tue) 10:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年2月・増刊号】
  • 2018/02/01 (Thu) 10:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年2月号】
  • 2018/01/14 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年1月・増刊号】
  • 2018/01/04 (Thu) 10:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年1月号】
  • 2017/12/10 (Sun) 10:57
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年12月・増刊号】
  • 2017/12/03 (Sun) 10:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年12月号】
  • 2017/11/12 (Sun) 10:46
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月・増刊号】
  • 2017/11/01 (Wed) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月号】
  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年1月号】

2018/01/04 (Thu) 10:06
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
    考える力・絶対学力を育てる
   =どんぐり倶楽部オンライン通信=
  どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
       2018/01/04号
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆明けましておめでとうございます。2018年が皆様にとって良い年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

◆経済協力開発機構(OECD)が義務教育の終わりに実地する国際学力調査(PISA)の結果をみると、日本の高校生は論理力や記述力を必要とする課題の成績が悪いことが指摘されています。

◆特に問題なのは、数学・算数に苦手意識をもっている生徒が8割にも達していることです。小学4年生と中学2年生を対象とした国際数学・理科教育動向調査では、数学嫌いや理科嫌いが多く、学習意欲が低いことが問題になっています。

◆お茶の水女子大学名誉教授の内田信子先生の研究によれば、

「PISA型の学力が高い子どもは、幼児期に絵本の読み聞かせをたくさんしてもらって、語彙力が豊かである。段ボールや紙を使って工作をしたり、絵をかくなど、指先をよく使っている」

「親子のふれあいを大切に、子どもと楽しい時間を共有するという育てられ方をしている」
という特徴があるそうです。(子どもの見ている世界・春秋社)

◆どんぐり問題に小学生の時に取り組まれたお子さんは、「中学に入っても数学が好きである」「考えることが得意である」というご報告を、これまでにたくさんいただいております。

◆お子さんの将来の進路や大学選びにおいては、「数学に苦手意識があるかないか」で大きな違いが出てきます。

◆「うちの子はどんな進路が向いているのだろう」「そもそも大学受験というのは、どんな能力を求めているのだろうか」と多くの親御さんが悩まれているかもしれません。

東進ハイスクールや河合塾で長年講師として現場にたたれている河本敏浩先生の著書「医学部バブル」(光文社新書)などを読まれると、いかに数学が重要であるか、また志望校はどのように決めていけばよいのかなど、役に立つ情報が得られると思います。(この本は、医学部に限らず大学受験全般に関してかかれています)

子育ての参考にされてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆クレジットカードのお支払い方法に「分割払い(2回~24回)」や「リボ払い」を選べるようになりました。

◆ネット銀行をショッピングやオークションのお支払いに利用なさる方が増えています。当会でも『ジャパンネット銀行』が教材代金のお支払いに利用できるようになりました。

◆メルマガ会員様のあたたかいご支援に感謝申し上げ、冬のキャンペーン2018をスタートしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】
◇〔1〕親として知っておきたいキャリアの話(その46)
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その43)
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
◇〔4〕どんぐり倶楽部オンライン ありがとう!11周年キャンペーンのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔1〕親として知っておきたいキャリアの話(その46)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■年末に本棚を整理していて、興味深い本を見つけました。

教育学者の汐見稔幸先生(東京大学名誉教授)の書かれた「さあ、子どもたちの未来を話しませんか」(小学館)という本です。

この本には、欧米を中心として世界の国々が、「これからを生きる子どもたちが、予測不可能な時代にあっても生き抜ける力を育てるよう、特に重要な保育・幼児教育に重点投資しよう」という方針のもと、様々な教育改革を行っており、日本も少し遅れて、同じ方向をめざそうとしているということが書かれています。

■たとえば、砂漠化や気候変動など「地球規模の環境問題」に対し、現在の人類は「どうすればいいのか」決定的な打開策を見いだせていません。

それに対し、新しい科学技術、新しいアイディア、交渉術などを使って、「地球的規模の問題を解決する」「力のある次世代をしっかり育てていく」という思いで、OECDが中心となり教育改革を進めているのです。

■20世紀は「知識偏重型」の教育が当たり前でした。しかしこれからは、

「答えが見つかっていない問いに対して、情報を集め、人と意見交換しながら新しい考えを出せる力」「それを分かりやすくプレゼンし、人と協働できる力」が必要であるとされており、OECDではこの能力の一部を「キーコンピテンシー」と呼んでいます。

■「キーコンピテンシー」は、1.相互作用的に道具(ツール)を用いる、2.異質な集団で交流する、3.自律的に活動するの、3つに分類されています。

これらを具体的に言い換えると、
1. 情報や知識、言葉などをツールととらえ、うまく活用する力
2. 他者とうまくコミュニケーションがとれ、ともに知恵を出し合って問題解決をはかる力
3. 計画やプロジェクトを自ら立てて実行する力、自分の権利やニーズ、限界を他者に表明できる力

この3つの力は、先の見えないこれからの時代、子どもたちが自分で人生を切り開いていくのにとても重要ではないかと思います。

今後ロボットやAIにより、「定型的なスキル」しか求められない仕事はどんどん減少していくことが予想されています。

「計算が速い」ことに代表されるような「基礎学力を量と速度で評価する」古い学力観にとらわれていると、ロボットやAIにおきかえ可能な、個性の乏しい「指示待ち」の人材を量産することになりかねないないと教育評論家の尾木直樹先生は、警鐘をならされています。
(取り残される日本の教育・講談社α新書)

■尾木先生はこの本の中で、PISA型学力をはぐくむ上で有効な「フィンランドメソッド」を紹介されています。

「フィンランドメソッドでは、たとえば文章表現の授業では、子ども達をまず遊ばせます」

「目をつぶって、風景や衣装を想像してごらん。物語のストーリーを作ってみようねと
語りかけ、子どもたちのイメージをふくらませます」

「フィンランドの子どもたちは、この一連の流れの中で発想力、ストーリーを展開させる論理力など、総合的な力が身に付く教育を受けているのです」

■日本の教育関係者がフィンランドを視察に訪問すると「どうして学校で遊んでいるのだろう?」と違和感を覚えることがあるらしいのですが、これこそ「学力観」の違いからくるものです。

親世代は、世界に広く視野を広げ、目の前の子どもを通して、「子育てとは何か」「教育とは何か」を考え続けることが大事なのではないかと感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その43)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、ある親御さんからメールで次のようなご相談をいただきました。

「うちの子は、どんぐり問題に取り組むとき、絵を描かずに答えだけを導き出そうとします」
「親も、答えが出ればいいのではないかと思ってしまいます」
「うちの子は絵を描くのが好きではないので、どんぐりの勉強法はあわないのでしょうか」

実は、このようなご相談をいただくことは、とても多いのです。

■どんぐり倶楽部は、「どんぐりの背比べである9才までに、たくさん絵を描くと頭が良くなる」「言葉をイメージして絵にする練習をたくさんすることが大事」という考え方により、名前がつけられています。

「言葉をイメージして絵にする練習」をすることが、学校ではできない学力養成になるのです。

ゼロからイメージして絵を描く(キャラクターの衣装や表情なども)のは、最初はとても難しいと感じるお子さんも多いと思いますが、少しずつ慣れてきます。

絵を描きながら繰り返し考える中で、自由な発想力も身についてきます。

(この発想力というのは社会に出ると大変重要です。たとえば、紅白の司会を誰にすればいいかというのも一例ですが、世の中には発想力を問われる仕事が数多くあるからです)

また、通常の文章題よりも早い時期から「比」を使う問題も頻繁に登場します。

■たとえば、どんぐり問題に次のような問題があります。

「たいようさんと かみなりさんが かけっこをしました。たいようさんは 1日に ちきゅうを1しゅうしか できませんが かみなりさんは 1日に ちきゅうを 6しゅうも まわることができます。では、たいようさんが ちきゅうを 3しゅう したときに かみなりさんは ちきゅうを なんしゅう しているでしょう」

(0MX06:答 18しゅう)

■この問題は、この学年にしては難しすぎるのではないか、とそう思われる方も多いと思います。単純な足し算、引き算ではなく、「比」の問題なので、この年齢のお子さんにとっては相当な難問であると思います。

しかし、「絵を描かずに答えだけ出そうとするお子さん」には、このように「1文ずつイメージして絵にしないと、何をきかれているのかが見えない問題」に取り組むことが大事なのです。

「たいようさんとかみなりさん」を楽しく絵にすること自体が、幼児の生活体験や興味・関心を広げることにもつながります。

■また、どんぐり問題に年長さんレベルから登場する「比」の概念は、算数の基本であると同時に大人になって仕事をする上でもとても大事な概念です。

たとえば、医療関係者や建築関係者がそうであり、最近では「ウェブデザイナー」なども、「比」を自在に使いこなさないと仕事ができないレベルで重要です。(たとえば、ウェブデザインでは、画像を指定されたサイズに変更するとき、比の概念をよく使います)

どんぐり問題は通常の文章題と異なり、「比」の概念が高度なレベルでマスターできるよう工夫されています。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔4〕編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ありがとう!11周年感謝のプレゼントキャンペーン」を実施しています。今回のプレゼントは、
1.「どんぐり教育研究会制作・糸山泰造DVD講義全51話」より、特に重要な5話を抜粋し、オリジナルデザインのCD(合計22分・資料付き)
2.「社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会さま かわいい絵柄の2018年カレンダー(壁掛け)。2018年のテーマは『星の王子さま』です。年間を通して楽しめます。

詳しくは、こちらからどうぞ。
https://donguriclub.jp/10th_anniversary_cal/

今年も1年、当メルマガをどうぞよろしくお願い申し上げます。
ご質問やご相談は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

※次号は2月4日(日曜日)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━
どんぐり教育研究会
URL: https://donguriclub.jp/?mailmag=20180104
----------------------------------------
○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○お問い合わせは info@donguriclub.com まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━