バックナンバー

  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】

2009/10/13 (Tue) 17:43
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)
━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com ━━━☆☆★

このメールは、どんぐり教育研究会会員ならびに、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さんへ、配信しています。メルマガの配信を希望なさらない方は、空のメールを返信してください。次回から配信を停止いたします。

*****************************************************************************

家庭学習サポートコース(10月分)の絵図と解説を専用ページにアップしました。各学年の問題のねらいと、学年相当の立式、子供にとって難しいポイントなどを、解説しております。

サポートコースのメール相談では、習い事や学校の教科書の内容に関する質問も受け付けています。何でもお気軽にお問い合わせください。

*****************************************************************************
■どんぐり教育研究会からのお知らせ

☆大阪に新しく準拠教室が誕生しました。隆埼大徳(おもき・ひろのり)先生(FAX添削に対応)のお教室です。詳しくは「全国の教室案内」をご覧ください。

☆「中学受験の算数・文章題」の要項を、オンラインのホームページにアップしております。
教科書レベルから、自分のペースで入試問題まで理解できるよう随所に「視考力」を使った解説を行いました。できるだけ塾に通わずに、中学受験をしたい方、受験はしないが家庭学習で中学受験レベルの勉強をしたい方にお薦めします。

☆現在、4年生以上を対象に、自宅で中学受験レベルまで学習できる「国語のサポート教材」を準備中です。

*****************************************************************************
■「小学生のうちに重要なことは、自学自習ができるようにしつけること その6」

今教育の世界では、この20年間、学習内容が易しくなっているにもかかわらず、勉強についていけないお子さんが小学校4年生前後に急激に増える、という現象が大きな問題となっています。

この時期は、子どもが「具象」から「抽象」の世界に飛躍する時期にあたり、教育界ではこれを「10歳の壁」(9歳の壁ということもあります)と言ったりします。


■そして、この「抽象概念の世界」を理解するためには、

「具体物を使ってたくさん考えた経験」や「複雑なこと、面倒くさいことを、筋道をたてて自分の頭で考える力」を育てておくことが、大変重要になってきます。

どんぐりの文章題は、それぞれの学年ごとに子どもの発達段階にあわせて、

1.論理的な思考を要求する
2.適度にまわりくどい表現や、難しい語句が使われている
3.数字合わせでは、解けない
4.絵図をかけば、必ず解ける
5.計算の意味が分かっていないと解けない
などの工夫がなされています。


■たとえば、家庭学習サポートコースの「ジュニア2,3」(10月分)では、2MXの「8,17,27,31」を取り上げています。(サポートコースでは、前月分の絵図と解説も、あわせてみることができます)

2MX31は「イカ君とタコ君が、CD飛ばし競争をしています。1枚表が出たら7個お菓子を貰えます。イカ君は4枚、タコ君は9枚が表でした。では、どちらが何個多くお菓子を貰えたでしょう」という問題です。

この問題は、多くの方が、(大人も子どもも)
「7×4=28、7×9=63、63-28=35」(タコ君が35個多くもらった)
と、考えられるでしょう。

しかし、自分の書いた絵図をじっと見ていると、違う工夫ができることに気がつきます。

実はこの問題は、絵図をじっとみて「あること」に気がつくと、「7×5=35」これだけで答は出てしまうのです。

「目で考える=視考力を使うと、答えは絵図の中に見えてくる」ということがよく分かります。


■どんぐり問題は、答えがあっているかどうかよりも、お子さんが、

「難しそうに見える問題でも、言葉を絵図にすることで、問題のポイントが整理され、絵図をみていると、視考力が働く」と、自分で気づかれるよう、指導することが大切です。

また、「国語の読解が苦手です」という親御さんからのご相談をたくさんいただきますが、言葉を視覚イメージに変換でき、イメージが鮮明になると国語の読解力もあがります。

2008年3月に告示された新学習指導要領では、長年続いた「ゆとり教育」から「学力重視」に方向転換がなされ、「考える力、表現する力、コミュニケーション力」といった力が重視されています。

親御さんにとっては、意外と思われるかもしれませんが、これからは算数においてもただ計算で答えを出すだけではなく、

「なぜそういう式が成り立つのか」「与えられた情報をどう取捨選択するのか」

を説明できる能力が求められます。


■新しい学習指導要領の中では、低学年の算数でも「加法と減法の相互関係を、図や式にあらわし説明する活動」という記述が登場します。

小学校1年生で習う、「こうえんで、こどもが8人あそんでいます。そこへ4人やってくると、みんなで何人になるでしょう」

という問題でも、これからは「8+4=12」という式を作るだけでは、いけません。

「なぜ+なのか」と問われ、(それは、4人やってくると、と書いてあるからです)と、子どもが自分の力で説明することが、求められているのです。

(次回に続く)

*****************************************************************************
■1.絶対学力とは 2.イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。

■3.視考力とは 4.具象思考から抽象思考へ 5.新学習指導要領でなにが変わるのか
6.方程式に対応した絵図のかきかた 7.小学生の家庭学習 8.無理無駄のない中学受験 部分は、研究会会員様のコンテンツとして収録しております。

*****************************************************************************
今月の一言

「人生を楽しむ秘訣は、普通にこだわらないこと。」
(アインシュタイン博士)

*****************************************************************************

■この通信で取り上げてほしいテーマやご質問は、こちらへどうぞ。
今後の購読を希望されない方は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

■当研究会にいただいたメールが、時々、迷惑メール処理されている場合があります。
返信が遅い場合は、お手数ですが再送信をお願い申し上げます。

2009/10/13 どんぐり教育研究会