バックナンバー

  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】

2009/11/09 (Mon) 17:59

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)
━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com ━━━☆☆★

このメールは、どんぐり教育研究会会員ならびに、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さんへ、配信しています。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。
*****************************************************************************

家庭学習サポートコース(11月分)の絵図と解説を専用ページにアップしました。
各学年の問題のねらいと、学年相当の立式や子供にとって難しいポイントなどを、解説しております。「どんぐりの問題に隠されている意図がよくわかるので、一番役に立つ教材」との嬉しいメールもいただいております。

サポートコースのメール相談では、習い事や学校の教科書の内容に関する質問も受け付けます。何でもお気軽にお問い合わせください。

*****************************************************************************
■どんぐり教育研究会からのお知らせ

☆ 神奈川県川崎市(宮前区宮前平と宮前区有馬)に新しく準拠教室が誕生しました。山岡洋子先生のお教室です。

☆ 新教材「いじわるスズメの計算練習張」(小学校高学年向け)ならびに、「九九・かけ算・わり算練習帳」を、オンラインのホームページにアップしております。計算は、中学受験をする・しないに関係なく、普段から練習するべき分野です。小数を分数に直して計算するちょっとしたコツを知っているだけで、驚くほど計算ミスを減らすことができます。「いじわるスズメ…」は、中学入試の過去問題の中から良問100題をえりすぐって解説を加えました。

☆ 「九九・かけ算・わり算」は、でんたくんや三角視算表の威力を、十分に活用できるよう工夫しました。

☆ 例年ですと11月は「学習相談会(東京)」の時期なのですが、目下インフルエンザの流行もありますので、収まるまで見合わせます。時期は改めてお知らせいたします。

*****************************************************************************

■「小学生のうちに重要なことは、自学自習ができるようにしつけること その7」

先日、ある低学年のお子様をお持ちのお母さまから、次のようなメールをいただきました。

「うちの子は、今のところ学校の授業はほとんど理解できていて成績には満足しています。しかし、どんぐり問題は難しくてすぐに解けないので、ものすごく嫌がります」

「分からないことがあるといじけてしまい、立ち直るのに時間がかかります。どんぐり問題を読むのは一度だけと言いますが、一度読んだだけでは理解できない子供にどんな指導をすれば、良いのでしょうか」

私たちオンラインには毎日たくさんのご相談をいただきますが、実はこれと同じ内容のご相談が最近とても多いのです。

どんぐりママ(パパ)のお悩み年間ベストテンを作るとすると、このご相談は必ずトップ3に入っているような内容です。

まず「一度読んだだけでは、読み取れません」というご相談については、オンラインの糸山先生の講義(DVD講義・第二研究室)の中で、糸山先生が詳しく解説されています。

どんぐりの文章は言葉も難しく、大変まわりくどく作られています。ですからスタートされたばかりのお子様が「一度で読み取れない」のは当然でもあります。

最初はお子様がイメージできるよう、1文ずつ区切りながら、ゆーっくり読んであげましょう。

自分のペースで楽しみながら、(まわり道をたくさんしながら)イメージを広げていくには、まずはそれぞれのご家庭で環境設定を工夫されることが大切です。

「ゆとり教育」は大きな批判を受け、見直されることになりました。しかし私は、本当の「ゆとり」は子供にとっては、絶対に必要だと考えています。

子供にとっての「ゆとり」とは、考える時間がたっぷり用意されていること、好きなことにとことん取り組む自由があることです。

最近のお子様は「ドリルをたくさん解いたほうがいい」「速くなければいけない」「答えを出さなければいけない」という、必要以上の思い込みを、強く持っている場合があります。

「速くなくていい」「ゆーっくりでもいいから、楽しくイメージして、絵をかいてみよう」というメッセージを、お子様に確実に伝えることが第一歩です。

本当の思考力は、一朝一夕にはつきません。先日、新しく準拠教室となられた山岡先生とお電話でお話をする機会がありましたが、その中で、「どんぐりは、スイッチをいれたら、ぱっと明るくなるような即効性はないけれど、数ヶ月、1年と続けていくうちに、本当に子供が、自分の力をだしてくる」と話されていたのがとても印象的でした。

たとえば、家庭学習サポートコースでも随時ご紹介していきますが、3年生コースには、次のような問題があります。

3MX88は「クジラのマッコー君とザットー君が、片道5万キロメートルの太平洋6回往復競争をしました。マッコー君は1時間に1000キロ、ザットー君は1時間に800キロ泳げるとすると、ゴールに辿り着く時間の差は、どれくらいになりますか」という問題です。

この問題は、多くの方が、(大人も子どもも)
「往復で60万キロだから、マッコーは割り算を使って600時間、ザットーは750時間、だから差は、150時間」と考えられると思います。

しかし、自分の書いた絵図をじっと見ていると、違う工夫ができることに気がつきます。

実はこの問題は、絵図をじっとみて「あること」に気がつくと、「12000÷800=150」。答えは150時間。こういうとき方も可能になるのです。

(さらに、割り算には分数を使うと、ごくごく簡単な計算で答えが出ます。分数を使いこなす計算の工夫は、新教材いじわるすずめの計算帳をご参考にされてください)

「目で考える=視考力を使うと、答えは絵図の中に見えてくる」ということが、よく分かります。

どんぐり問題のよいところは、このように「一つの問題でもいろいろな工夫ができ」「世界にたった一つのオリジナルの絵図による、その子の作品が完成する」ところです。

またいろいろとイメージがふくらむ設定ですので、国語の力もつくのです。
小学校高学年になると「物語文が苦手」と言われるお子様が増えますが、物語文の読み取りは「登場人物・場面・情景」の3つが分からなければ、先に進めません。


物語文は、読み始めると同時に、「どんな場所か、どんな時間帯なのか」「主人公は、どんな表情をしているのか」など、具体的な物語の絵が頭に浮かぶのが理想なのです。

どんぐりは低学年のころから、
「いろいろな色のろうそくをつくることのできるろうそく名人がいます。いままでに12しょくのろうそくをつくりました。きょうは、あたらしく3しょくのろうそくをつくりました。あしたも3しょくのあたらしい色のろうそくをつくるとすると、あしたでなんしょくのろうそくができますか」(0MX48)

など、シーン展開をふくむお話を自由にイメージしていきます。

ですから、どんぐりを続けているお子様の中には「ハリーポッターを読んでいると、頭の中がDVD状態になるほど、絵が浮かぶ」というお子様もおられます。

(次回に続く)

*****************************************************************************

■1絶対学力とは 2イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。

■3視考力とは 4具象思考から抽象思考へ 5新学習指導要領でなにが変わるのか
6方程式に対応した絵図のかきかた 7小学生の家庭学習 8無理無駄のない中学受験 部分は、研究会会員様のコンテンツとして収録しております。

*****************************************************************************

今月の一言

「好きなことを深めれば、人生は限りなく豊かになる」
(分子生物学者 福岡伸一先生)☆ベストセラー「生物と無生物の間」の著者

この通信で取り上げてほしいテーマやご質問は、こちらへどうぞ。
次回も引き続き、「家庭で身につける国語力」について、取り上げてみたいと思います。
また、現在、4年生以上を対象に、自宅で中学受験レベルまで学習できる、「国語のサポート教材」を準備中です。

今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

2009/11/09 どんぐり教育研究会