バックナンバー

  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】

2010/03/28 (Sun) 17:45
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)
━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com ━━━━━━━☆☆★
このメールは、どんぐり教育研究会会員ならびに、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さんへ、配信しています。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

*****************************************************************************
本日、家庭学習サポートコース(2010年度)をお申し込みの方へ、ログイン用のパスワードを送らせて頂きました。4月分の絵図と解説は、3月末日にホームページにアップいたします。各学年の問題のねらいと、学年相当の立式やお子さんにとって難しいポイントなどを、解説しております。

サポートコースのメール相談では、習い事や学校の教科書の内容に関する質問も受け付けます。何でもお気軽にお問い合わせください。

★★★2010年度「家庭学習サポートコース」(早期申込割引)の締切りが迫りました。★★★

『早期申込割引』と『2大プレゼント』という特典をご用意しました。お申込みは、3月31日(水)までとなっています。また、『ジュニア4コース』も、新しく加わりました。また、コース変更に関する回数の制限はなくなりました。詳細は、ホームページをご覧くださいますよう、お願い申し上げます。

*****************************************************************************
■どんぐり教育研究会からのお知らせ

☆ 新教材『国語・読解の基礎』の、お申し込みを受け付けています。3年生以上のお子様におすすめします。ご購入者の方全員に、『中学入試国語出典データベース(2006~2009)』のログイン・アドレスを進呈しています。

☆ 「いじわるスズメの計算練習張」(小学校高学年向け)ならびに、「九九・かけ算・わり算練習帳」を、オンラインのホームページにアップしております。計算は、中学受験をする・しないに関係なく、普段から練習するべき分野です。小数を分数に直して計算するちょっとしたコツを知っているだけで、驚くほど計算ミスを減らすことができます。「いじわるスズメ…」は、中学入試の過去問題の中から良問100題をえりすぐって解説を加えました。

☆ 「九九」「かけ算・わり算練習帳」セットは、でんたくんや、三角視算表の威力を、十分に活用できるよう工夫しました。

■愛知県(尾張旭市)に新しく準拠教室が誕生しました。影山昌範先生の教室『鳴滝塾』です。

■東京地区での指導者を募集中です。(生徒さんの希望者が多数のため、指導者が不足しています。どうぞよろしくお願い申し上げます)

**************************************************************************
■「小学生のうちに重要なことは、自学自習ができるようにしつけること その12」

以前新聞で、自分の弁当づくりと後かたづけを、各家庭で子供自身が行う「弁当の日」を2001年にスタートさせた、香川県綾川町立綾上中学校校長・竹下和男先生のインタビュー記事を読んだことがあります。

竹下先生が「弁当の日」をスタートさせた背景には、子供たちの生活体験の少なさと同時に、子供たちの中に「自分の存在価値が感じられない」という、心理的な空腹感が深刻化しているのではないか、という問題意識があったそうです。

長年子供たちと接してきた竹下先生の目からみると、子供は親と接する時、特に二つの場面で、自分自身の存在感を感じ取ろうとするそうです。

一つは、「自分を育てることに生き生きとしている親をみるとき」そしてもう一つは、「自分の成長を喜ぶ親を見るとき」です。

親が自分のために、時間をかけておいしいご飯をつくってくれる。
また、息子が作った弁当を見て、飛び上がって喜ぶ母親は、「あなたの成長は私の喜び」「あなたがいてくれて、本当に嬉しい」というメッセージを子供に伝えている、と竹下先生は強調されています。

★この記事を読み、私は「弁当の日」と「どんぐり学習」には、似ているところがあるのではないか?と、そう強く感じました。

「弁当の日」をスタートした当初は、お弁当を作っている子供に対し、横から、「そうじゃないでしょ」「こうするのよ」と、あれこれ指示をしてしまう、という親御さんが、大変多かったそうです。

しかし、少しずつ「子供は、自分で弁当を作ることが出来る」「親が口出ししなくても、出来る」ということが浸透し、最近ではその活動は、小中高から大学まで実施校は400校近く増え、今年の1月の時点では38都道府県の568校にまで広がっているそうです。

★私たちオンラインは、毎日沢山の親御さんから、メールでのご質問やご相談をいただきますが、

「子供の絵をみていると、去年と比べてこんな考え方も出来るようになったんだ、と成長を感じます。この間も学校で掛け算を習ったところ、すぐにその意味を理解しました」
「子供の絵は、わが家のかけがえのない宝物です。最近では、子供が親の絵を、添削してくれるようになりました。どんぐりのおかげで、あせることなく、子育てをじっくり楽しめるようになりました」という内容のものが、大変多いのです。

子供が作った弁当を涙ぐんで受け取る親と同じように、子供のかいた絵を丁寧に見て、「ここの部分は、特によくかけている」「このお祭りは、あの時の様子をかいたんだね」と声かけをし、お互いの絵に色塗りをしたり楽しい時間を過ごす。

そして、子供の「どんぐりノート」を大切に保管する親に対し、子供は何ともいえない嬉しさや、見守られている、愛されているという喜びを感じるものではないかと思います。

★「どんぐり文章題を続けたいけれど、子供が泣いて嫌がります。どうしたらよいのでしょう」

と悩まれている親御さんは、よくよくメールやお電話でお話をうかがってみると、「どうしてこんなことも分からないの?」「そうじゃない。こうするのよ」などと叱りながら、子供に問題を「解かせよう」と強いている場合が多いようです。

しかし、どんぐり文章題は、糸山先生も繰り返し言われるように「解くためのもの」ではありません。

前回のメールで書いたように、どんぐり文章題には、「ゆっくり・ジックリ・丁寧に解く」「必ず絵図をかいて、目で考える」「筆算を記録しておく」「消しゴムを使わない」「考える過程が大事なので、ヒントはもらわない」「すぐに分からなくても、諦めない。答が分からなくても、絵図は書ける」といった、お約束があります。

しかし、「ゆっくり・ジックリ・絵図をかいて丁寧に解く」ためには、子供の情緒の安定と、楽しんで取り組む、心のゆとりが必要不可欠なのです。

★また、「沢山解いたほうがいい」ということは、決してありません。

「一週間の好きな時に、1時間をリミットにして終わり。不正解の場合はわからんちょうに入れておく。マックス週に2問まで。それ以外の時間は、本当に好きなことをして遊ぶ」
というのが、どんぐり文章題の最も効果的な取り組み方です。

どんぐり文章題は、イメージがふくらみ、楽しめるストーリー性のある文章で、複雑な表現や言い回し、答を出すには不要な数字などが意図的に使われ、「考える力・判断する力」が自然に養成できるよう作られています。

★また、1年生・2年生問題には、「600万」など、まだ習っていない大きな数字がふくまれ、これを「絵にかくのは大変だな」と感じる中で、算数・数学の要である「等比」という考え方にも自然に気付くようになっています。

私たちもファックス添削のお子様の絵を拝見する中で、半年前、1年前の絵図と比較すると、「こんな絵図もかけるようになった」「こんな工夫をするようになった」とその成長ぶりに驚かされることが、多々あります。

どんぐり文章題を通して、子供の成長を感じることで、親御さんのあせりや不安が軽減し、子育てが楽になった、と感じることができれば、それが一番子供にとって、嬉しい変化かもしれません。

*****************************************************************************
■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。
■(3)視考力とは (4)具象思考から抽象思考へ (5)新学習指導要領でなにが変わるのか
(6)方程式に対応した絵図のかきかた (7)小学生の家庭学習 (8)無理無駄のない中学受験 部分は、研究会会員様のコンテンツとして収録しております。

*****************************************************************************
【今月の一言】
「強い意志があれば、事は半ば達せられたといってもよい」
(松下幸之助)

この通信で取り上げてほしいテーマやご質問は、こちらへどうぞ。
今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

2010/3/28 どんぐり教育研究会