バックナンバー

  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】

2011/10/23 (Sun) 13:03
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)
━━━━━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com ━━━━━━━━━━☆☆★

このメールは、どんぐり教育研究会会員ならびに、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さんへ、配信しています。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

寒さが身にしみるこの頃。いかがお過ごしでしょうか。

昨年までの連載記事『今日のコラム』は、2011年から、マンガ&コラム『どんぐり・スマイル』として、掲載中です。10月は、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談(前半)』として、今月中にホームページにアップする予定です。
どんぐり歴の長いご家庭での取り組み方法や、高学年になって感じられたお子様の変化やどんぐり学習の効果について、2回シリーズでとりあげています。是非参考にされてみてください。

*****************************************************************************

■■■「風を感じて歩いていこう!(その10)」

先日、あるお母さま(指導者養成講座年長さんコースを受講中)から、メールで次のようなご報告をいただきました。

「ダンゴムシの絵を工夫してかいているときに、学力が伸びている…何となく分かる気がします」

「答案で指摘をされたように、公園の様子を親は描いておらず、反省したのですが、子供はそこから●●●●と、いろいろ描いています。解くこと以前に、絵図を楽しんでいる様子が何ともいい時間です」

このように「絵図をかくことを楽しむ」というのは、どんぐり学習では大変重要視されていることです。

「うちの子は、通常の算数や国語のドリルは、いやいやながらやっていますが、このどんぐり問題だけは、楽しそうに絵をかいて、もくもくと解きます」「自主勉として、学校の先生に見せたところ、素晴らしいとほめられました」という、どんぐり学習に取り組むご家庭からのご報告も、最近では数多くいただくようになりました。

■■■しかし、通常のドリル学習や通信教育と比べると、「何ともゆるい。週に2問を解くだけなんて、こんなのでいいのか?」「小学生にもなって、おえかきなんて幼稚ではないのか?」
と感じておられる親御さん(や教育関係者)の方も、少なくないでしょう。

ただ、よくよく考えると、どんぐり学習は普通の「おえかき」とは違います。

例えば、年長さん問題に次のようなどんぐり問題があります。(親御さんも一緒に、考えてみましょう)

「ある日 大きな大きなおとしあながこうていにできていました。山田くんはおひる休みにかくれんぼをして、そのおとしあなにおちてしまいました。そのうちに5人が、またおちてきました。あなの中には、いま、女の子が4人います。では男の子は、何人いるでしょう」(年長さん20番)

■■■では、ここで簡単にこの問題の「絵図をかいている」時の、お子さんの頭の中を「想像」してみましょう。
まず「校庭に出来た、大きな大きな落とし穴」をイメージして、描きます。

次に「落とし穴に落ちてしまった、山田君」を描きますが、そのときに、「たった一人で穴に落ちて、どんな気持ちになっただろう。怪我しなかったかな?お洋服が、どろんこになったかな?落とし穴の中から、上をみたら、何が見えるのかな」など、いろいろなことをイメージして、絵図の中に描きます。

(最初はシンプルな絵しか描かないお子さんが多いので、いろいろなイメージが浮かぶように親御さんの声かけが必要になる時期があります)

ここまで絵にしたところで「今日は疲れた。」となってしまい、「答を出す」ところまでは、たどりつかないかもしれません。

しかし、よく考えてみると、実はこの「文章のイメージ化」は、小学校低学年までのお子様にとって、大変重要な「学習」であることが分かります。

■■■前回のこの通信でもかきましたが、「算数の文章題ができない」「国語の読解ができない」お子様が増えるのは、学校の勉強が急に難しくなる、いわゆる「10歳の壁」といわれる小学校の中学年以降に限ったことではありません。

その理由の一つとして、様々な研究結果がありますが、言語学者の外山滋比古先生(「思考の整理学」、「わが子に伝える絶対語感」などの著書多数)は、次のような分析をされています。

「日本の小学生は外国の子供に比べて、算数の文章題のできがよくないと言われていますが、これは一つには離乳語(ベーター語)がしっかり教えられていないからだと思われます」

「太郎君が鉛筆を2本、花子さんが鉛筆を3本もっています。二人の鉛筆をあわせると、何本ですかという問題があります。この問題はいかにも具体的な事のように思えますが、母乳語(アルファ語)しか分からない子供は、この問題をみて、花子ちゃんなんて知らない、鉛筆ってどんな鉛筆なの?などと考えるかもしれません」

「しかし、おとぎ話で離乳語(ベーター語)の洗礼を受けている子なら、太郎君も花子君も桃太郎と同じ、名前である」
「会う事はできないけれど、花子ちゃんと言う名前の子供がいて、どこにあるのか分からないけれど、鉛筆があるとして、そのイメージをもとに、問題を解くことができるのです」

■■■ここで、「ベータ語」と「アルファ語」って何?と思われ方も多いと思いますが、その説明に関しては、ちょっと長くなりますので、ここでは省略させていただきます。(興味のある方は、別途お問い合わせくださいませ)

外山先生は言語学者なので、説明が非常に難しいのですが、要約すると、「身の回りにある、指すものが目にみえている言葉が母乳語」、「指し示すものごとを目で見ることができない、頭の中だけで分かる事柄が離乳語」である、ということです。

たとえば、イソップ物語の「おおかみがきた!」という言葉は、事実と結びついていませんので、「離乳語」の一つとなります。子供が母乳語から離乳語の段階に入り、その習得がすすんでくると、子供は「お話を聞く」ことを、を好むようになります。離乳語は、豊かなイメージを作り出しながら、想像力を広げ、頭の働きをよくする効果があるのです。

しかし、外山先生の提言によれば、
「この頃は、ここでいう母乳語、離乳語についての関心もなく、アルファ―語からベーター語への転換がきわめて高度な知的作業であることも意識しないで子育てをする。そうしておいて、親は幼稚園に入れるとすぐに文字を教えてほしいなどと考える。それで幼稚園において、無秩序な文字教育がおこなわれるようになることをだれも、怪しまない」ことが、大きな問題であるとされています。

■■■前回の通信でもかきましたが、教育心理学、発達心理学では、子供の発達に応じての教育が効果的とされています。子供が、ある特定の事柄を理解するには、一定の発達をとげ、準備状態(=レディネスといいます)が備わっていることが大事です。

どんぐり文章題は、慣れないうちは、1日に1文絵図をかくだけの取り組みでも構いません。
実は、「目で見ることのできない言葉」を頭の中でイメージする、という知的で高度な「ベーター読み」の練習であると考えると、ご家庭での取り組み自体がストレスなくできるのではないでしょうか。

(次回に続く)
*****************************************************************************
■■■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。
■■■(3)視考力とは (4)具象思考から抽象思考へ (5)新学習指導要領でなにが変わるのか (6)方程式に対応した絵図のかきかた (7)小学生の家庭学習 (8)無理無駄のない中学受験 部分は、研究会会員様のコンテンツとして収録しております。
*****************************************************************************
【今月の一言】
「幼いころから、よいこと、のぞましいこと、普通のことをくりかえし、くりかえししつけていくと、自然に習慣ができあがってきます。そうした習慣から、にじみでるように生れてくるのがこころです。こころがはじめにあるのではなく、習慣の結果、生れるものなのです。」   言語学者・外山滋比古先生の言葉より

この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

2011/10/22 どんぐり教育研究会