バックナンバー

  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】

2013/05/05 (Sun) 14:39
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)
━━━━━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com ━━━━━━━━━━☆☆★

このメールは、どんぐり教育研究会会員ならびに、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ、配信しています。今後、当メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

みずみずしい若葉が芽吹く、さわやかな5月。
今日は、「端午(たんご)の節句」。もともとは、5月以外にも行われていたお祓いの風習で、時代が武家社会にうつるにつれ、近世以降は男の子の行事になったそうです。
楽しいひとときを、お過ごしください。

子育てに必要な親の態度を、すべて列挙すると、莫大な量になり、誰しも頭が混乱することと思います。
オーストリアの精神科医であり、子育てや子どもへの対処法に定評がある「アドラー心理学」の提唱者であるアドラー博士は、特に重要な親の態度として、次の6つの原則をあげています。

1)子どもの個性を伸ばせるように関わる
2)子どもの話をよく聞く
3)子どもと共有する時間を有意義に使う
4)適切な助言をする
5)一貫した態度をとる
6)脅さない

是非参考にされてみてください。

■連載記事『今日のコラム』は、2011年から、マンガ&コラム『どんぐり・スマイル』として、掲載中です。現在、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談』をホームページにアップしています。

■東京都練馬区と武蔵野市に協力教室ができました。「うーたんキッズ」(柴垣尚宏先生)のお教室です。詳細は、ホームページの「全国の教室案内」をご確認ください。

*****************************************************************************

■■■「子どもの力を信じてみよう!(その8)」

先日、あるお母さまから、次のようなメールでのご相談をいただきました。

「私は毎日子どもに読み聞かせをしていますが、絵本だと、どうしても絵をみることにこだわり、そこから広がらないのではないでしょうか?」

「寝る前は、ママの声だけね。目をつぶって、聞いて、頭の中で想像してと言ってみたりしていますが、実際、絵を見ながらでも想像力は養われるのでしょうか?」

このご相談は、幼児期の絵本の読み聞かせについての、重要なポイントをついています。

「絵本の読み聞かせ」の重要性は広く認識されており、多くのご家庭で熱心に読み聞かせをされ、そのための絵本も書店にはあふれています。

…にもかかわらず、子どもたちの国語力は低下している。

その要因は一つではないと思いますが、「多くのご家庭で、懸命に時間をつくって読み聞かせをしているのに、なぜ子どもたちの国語力は低下しているのだろう」と不思議に思われる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

■■■あまり知られていないことなのですが、「絵本の読み聞かせの大切さ」が叫ばれる一方で、気をつけなければならない「絵本の弊害」を指摘する教育研究者もいるのです。

絵本の弊害!って、そんなこと初めて知った、と驚かれる方も多いと思います。私も、最初は「???」と思いました。

しかし、絵本を読み聞かせしているときの目の前の子どもたちの様子をよく観察していると、このご相談にもあるように「子どもが絵本の挿絵にばかり注意を奪われて、言葉を映像におきかえる力を養えずに、ただ聞いているだけになっている」ということは十分におこりうるのです。

絵本は生活体験の少ない現代の子どもにとって、それを補う大切な役割をになっています。

たとえば、「お地蔵さん」や「井戸」や「ため池」などは、昔はあちこちにありましたが、最近では、かなり遠くにいかないと見ることができなくなっています。
しかし、絵本の中にはあります。

目の前で読み聞かせをしているときに、「うちの子は絵ばかり見ているな」と感じても、幼稚園の年長さんか1年生ぐらいまでは、ある程度仕方がないかもしれません。絵本の挿絵は、子どもにとって一定期間は必要なものです。

しかし、目の前の子どもの様子を観察しながら、小学校低学年以降はできるだけ、「読み聞かせの時は、ママの声だけね。頭の中で想像しながら聞いてね」と言って、絵(イメージ)と言葉を結びつける習慣を、日ごろから身につけさせることをおすすめしたいと思います。

■■■この通信でも繰り返し取り上げているように、言葉を(挿絵なしに)ダイレクトに脳内映像におきかえる力は、国語力そして学力の要なのです。

しかし、現代では、この力はよほど意識しないと身につかないのです。

どんぐり文章題では、年長さん問題から、
1)長い文章を、理解するときの手順の発見(1文ずつの処理)
2)分かるとはどういうことか(イメージできるということ)の体験
3)1文ずつ絵図化、1文ずつ絵図化を、連続してできることの確認

に楽しく取り組みます。ですから、「じっくり・ゆっくり・丁寧に」どんぐり文章題に取り組まれているお子さんは、

「読み聞かせの途中でも、イメージできない言葉があると、??という表情になり、それってどういう意味?と、言葉の意味を確認できるようになる」というご報告を、多数頂いております。

最初のうちは、「こうえんにかたつむりが、4ひきいます」のところまで絵をかくのに、20分かかっても構わないのです。

是非、ご参考にされてみてください。

■■■前回の通信(4月号)では、もう一つ「読み聞かせ」についての、どんぐり倶楽部の家庭学習の方針について、取り上げました。

1)学校の教科書の読み聞かせ、読み合わせをする(内容をイメージさせながら、イメージできない言葉は説明をし、子供が再現できるようにする)

2)6歳から9歳まで… 具体的で、理論的な言葉を分からせるような対話をする
            「展開を重視した読み聞かせ」をする

ここで、「展開を重視した読み聞かせって何ですか?」「本当にそんなもので、学力がつくのですか?」と疑問に思われる親御さんも、多いのではないでしょうか?

どんぐり問題には、
・類推力を育てるために、イメージが膨らむ設定
・展開力を育てるために、ストーリー性のある文章
・感情再現力を育てるために、擬人化されたキャラクター
・判断力を育てるために、解くには不要な数字や展開

などが仕組まれています。
これは、この4点は子どもの「思考力養成」には、大変重要であり必要であると、どんぐり倶楽部では考えているからなのです。

ですから、どんぐり問題に取り組んでいれば、お子さんにより個人差はありますが、自然に「展開力」はついてくると思います。

さらに「読み聞かせも頑張りたい」という親御さんは、以下ご参考にされてください。

展開力というのは、映画やドラマの好きな方にとっては、非常にわかりやすい言葉だと思います。「シーン展開」という言葉を使うと、わかりやすいでしょう。

たとえば、「走れメロス」という有名なお話の場合、次のようなシーン展開に留意して、それぞれのシーンごとの主人公の気持ちや、場面の様子を想像しながら読むのがコツです。

1)都で王様を殺そうとしてつかまり、親友を人質に3日の猶予をもらう
2)村に帰り、妹の結婚式を祝う
3)氾濫した川を渡り、山賊を倒して、走り続ける
4)疲労で倒れ、絶望する
5)湧き水を見つけ、回復し、再び親友の待つ都に向けて走る
6)処刑前に間に合い、親友とひしと抱き合う

実は、このような「シーン展開」を考えながら読むというのを、国語のできるお子さんは何かのきっかけで自然に身につけ、あたりまえに行っている場合が多いのです。

ですから、流れや主題を的確にとらえ、テストでの設問にも答えられるようになります。

しかし、「シーン展開」を意識せずに、漠然と読んでいる場合、お子さんによっては、「メロスは、すごく足が速い」「山賊を倒すなんて、強い」という読み方で、終わってしまうことが少なくないのです。

(次回に続く)

*****************************************************************************
■■■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。
*****************************************************************************

【今月の一言】

「けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる。とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる。不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる。…」

「 子どもが育つ魔法の言葉」(ドロシー・ロー・ノルト)から、詩「子は親の鏡」をご紹介します。1954年に発表されてから、37か国に広がり、世界中の人に読まれてきた詩です。(本当はもっと長いので、ネットで検索されてみてください)

この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、空のメールを返信してください。次号から配信を停止します。

2013/05/05 どんぐり教育研究会