バックナンバー

  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】

2013/12/01 (Sun) 14:22
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)

━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com/index.html?mailmag=20131201 ━━━━☆☆★

【このメールは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。今後、当メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】


いよいよ本格的な冬。イルミネーションの街を彩る輝きで、心躍る季節ですね。

今年も残すところ、あと一か月となりました。
慌ただしい毎日とは存じますが、くれぐれもご自愛ください。


■■■最近、高校生のお子様をお持ちの親御さんと、お話する機会がありました。

「もうすぐ3年生。進路を決める時期になり、手に職をつけさせたいと、専門学校もふくめていろいろな学校を検討している」

「固いところでは医療系がいいと思うが、本人が全くその気にならない」

「高校の先生は、もっと成績をあげてくださいとしか言わない。どうすればいいのか、本当に困っている…」

これからは高齢化社会だし、うちの子には医療職や看護職がいいのでは…と思われている親御さんは、最近増えているように感じます。



しかし、大学のキャリアセンターで働く知人によると、何の仕事でもそうなのですが、医療系にも適性(向き・不向き)があります。

せっかく大学に入ったのに、実習の段階で「これは私には無理」「もうできない」と挫折して、休学したり退学したりする学生が決して少なくないそうです。

将来の仕事について、高校生のうちに自分の興味・関心や、能力、適性、個人の価値観(キャリア・アンカーといいます)をしっかり考えておくことは、大変に重要です。

残念なことに、現在かなりの高校生がきちんとした進路選択ができていない、あるいは何らかの事情で諦めて不本意な進路選択をしているケースがあります。

日本中退予防研究所の調査によると、2012年現在、年間中退者は4年生大学で約7万2千人、短大で約7千人、専門学校が約3万7千人で、その中退率はおよそ10%。
10人に1人が、卒業を迎えずに辞めてしまうといわれています。

その理由の一つは、「進学そのものが本人の積極的な意思に基づくものではなかった」ことにあるのかもしれません。

子育ての参考にされてみてください。

■マンガ&コラム『どんぐり・スマイル』を掲載中です。現在、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談』をホームページにアップしています。ぜひご一読ください。

************************************************************************************

■■■「子どもの力を信じてみよう!(その15)」

先日、あるお母さまから、メールで次のようなご質問をいただきました。

「年長の子供と一緒に、どんぐり問題に取り組んでいます。1文ずつ絵にしているのですが、親の声かけで、よくわからないところがあります」

「たとえば、ありのりんこちゃんの問題で、りんこちゃんが泣いて、池ができるところまでは描けました。が、次の6回で飲んだという部分になると、どうやって描けばいいのかわからないと止まっています。」


「私が、りんこちゃんはどんな風に飲んだと思う?と声をかけると、池に口をつけて飲んだんじゃないのかなーといって、その絵を描きました。」

「このような取り組み方で良いのでしょうか。まだ数問しか取り組んでいませんが、時々あてずっぽうに数字を言ったり、かたつむりを4つ描くの?と親の顔色をうかがってみたり、真剣に考えている様子がなく心配です」

実は、このようなご質問は、大変多いのです。

まず、声かけの方法ですが、「りんこちゃんはどんな風に飲んだと思う?」というのは、とてもいい声かけだと思います。

反対に、ありがちなヒントの出し方として、
「りんこちゃんは、6回で池の水を飲んだのでしょう。だから、コップを6個描いたらどう?」というのは、指示・命令に近いのでおすすめしません。


■■■「うちの子はどんぐり問題の絵は描けますが、なかなか答えにまで到達しません。こんな取り組み方でも、意味があるでしょうか」と悩まれている親御さんが、大変多いです。

しかし、たとえばこのご質問のように、「ありのりんこちゃんが、池に口をつけて飲んだ」というイメージを、年長さんのお子様が自分で考えて絵に描けた、というのは、たとえ答えが出なくても、大いに意味があるのではないでしょうか。

東進ハイスクールの元祖・カリスマ講師で、教育プロデューサーの出口汪先生は、その著書「考える力を身につける本」(フォレスト出版)の中で、

「情報化社会は、映像化社会である。現代は、映像文化の時代で、私たちは既成のイメージを一方的に受け取るだけになっている。」

「映像文化は、論理と創造性を排除する。しかし、過酷な競争社会を勝ち抜くためには、何よりも創造的な思考を獲得すべきである」

「そのためには、言葉や文章から、頭の中で様々な場面を想像したり、主人公のイメージを作り上げたりする、そういった頭の使い方を、日常的にできるかどうかである」

という内容のことを、主張されています。


■■■私は、これからの時代を生きる子供たちには、社会に出た時に、コンピューターや機械、ロボットに取って変わられない人間になって欲しいと思っています。

つまり、アイディアや発想力でゼロから物事を構築できる大人になって欲しい…

では、アイディアや発想力でゼロから物事を構築できるとは、具体的にはどのようなイメージなのでしょうか。

たとえば、数年前に、グーグル日本法人の新卒採用面接では、実際にこんな問題が出題されています。

「明日、イギリスの女王が来日します。ケーキを作りなさいと言われたら、あなたはどうしますか」
(ここで、皆さんも一緒に、考えてみましょう)

実は、この問題で問われているのは、
1.新しい解決を示せる「創造性」があるか
2.顧客の視点にたてるか
3.質問の曖昧な点を、どう処理するか
4.自分のアイディアを、どう表現するか

の4点なのです。

たとえば、あてずっぽうに、「イチゴケーキにします!」と答えるのではなく、女王はケーキをどこで、いつ食べるのか。いったいどこの誰がケーキを作りなさいと言っているのかといった曖昧な点について、受験者が面接官に対して「確認しようとする姿勢」の有無が、重要な採点ポイントとなります。

さらに、「宮中晩餐会に出される」という状況を確認したうえで、「高齢である女王には、こんなケーキがいいのでは?」といった自分のアイディアを出す、といったことが、求められているのです。試験官は、受験者自身の思考のプロセスを知りたいのであり、出来上がった食べ物が、結局小さな「きなこもち」であっても一向に構わないのです。

今年のクリスマスは、サンタさんとトナカイさんのために、「おもてなし」のメニューを親子で考えてみるのも、よいかもしれませんね。

(次回に続く)

************************************************************************************
■■■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。
************************************************************************************

【この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】

http://www.donguriclub.com/index.html?mailmag=20131201

2013/12/01 どんぐり教育研究会