バックナンバー

  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】

2014/02/02 (Sun) 14:54
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)

━━━━━━━━ http://www.donguriclub.com/index.html?mailmag=20140201 ━━━━☆☆★

【このメールは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。今後、当メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】


春の便りが、待ち遠しくなるこの頃。
モノトーンの世界から、春のファッションが街に少しずつ登場し、そろそろお出かけが楽しくなる時期ですね。


福岡の福岡アジア美術館で開催されていた「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。

来られた方の中には、好きなレイアウトの展示の前で、じっと眺めているだけでなく、完璧にそのシーンのセリフを暗記して、喋っている方もおられました。

参加者の多くが親子づれで、子供たちがトトロのおなかの上で、写真を撮影できるスペースもありました。

■■■幼児・児童期のお子様は、ある場面や出来事に遭遇し、そこで興味関心が芽生えたり、将来の夢が見つかったりすることがあります。

子供が「興味のあること」「将来取り組んでみたいこと」を見つけるには、見つかる頻度をあげることが大切です。

部屋に閉じこもって、ドリルを解いているだけでは、なかなか子供の夢は見つかりません。

興味のあることを見つける頻度とは体験、出会いの数に比例します。

ですから、幼児・児童期のお子様は、いろんな場所に出かけたり、親せきや地域のおじさん・おばさんから話を聞いたりすることが、とても大事な「勉強」なのです。

新しい出会いや体験をするために、博物館や科学館などに足を運ぶのも大事です。

博物館の中には、総合博物館、自然・科学博物館、歴史博物館、産業博物館、企業博物館といった、様々な種類があります。

このような場所で、いろいろなものを見聞きすることは、子供の感性を高め、将来の夢を見つける、良い機会になると思います。

子育ての参考にされてみてください。

■マンガ&コラム『どんぐり・スマイル』を掲載中です。現在、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談』をホームページにアップしています。ぜひご一読ください。

************************************************************************************

■■■「子どもの力を信じてみよう!(その17)」

先日、あるお母さまから、メールで次のようなご質問をいただきました。

「どんぐりでできている じてんしゃを 売っている店があります。1台のじてんしゃには、11このどんぐりが つかわれています。おみせに 6だいの どんぐりじてんしゃが あるとすると、どんぐりは みんなで なんこ あることに なりますか」(年長さん問題)

「この問題に取り組んでみたのですが、子供はどんぐり自転車に興味をもったものの、数字には興味を示しませんでした。このような場合、どうすればよいのでしょうか。」

「私の読み方が、悪かったのかもしれません。」

このメールを拝見して、私は、このお母さまはよく子供の様子を観察されていると思いました。

また「私の読み方が悪かったのかもしれません」というのは、非常に大事な気付きだと感じます。


■■■リフレクション(日本語でいうと、内省力)という言葉があります。

OECD(経済協力開発機構)は、このリフレクションする力を、「21世紀を生きる子供たちに、身に着けさせなければならないコアの力」であると定義しました。(詳しくは「プレジデント2014.2.17号」をお読みいただければと思います。)

リフレクションには、三段階があります。

レベル1が、出来事のふりかえり。
レベル2が、他者や環境についてのふりかえり。
そして、レベル3が、自己にふいてのふりかえり。となります。

この中で、最も大事なのはレベル3の「自己についてのふりかえり」まで、内省を深めることです。

これは、なかなか大変なことかもしれません。

しかし、自分の行動について、何事も取り組む前に「意図」をもち、その結果を、レベル3にまで振り返る習慣をもつことは、特に「マニュアルや、すべての子供に共通する正解といったものがない」子育てに
おいても、重要なことであると感じます。


■■■どんぐり問題の取り組みにおいて、「子供がなかなか絵をかいてくれない」と悩まれている親御さんは、今回のご質問のように、「読み方を意識してみる」というのもポイントの一つかもしれません。

たとえば、このどんぐり自転車問題では、「1台の自転車には…」のところで、少し間をおいて、「11個のどんぐり!」という数字を、大きく強調して発音します。

能面のような表情で、淡々と読んでも面白くないことが多いので、親御さんが「楽しそうな」雰囲気を作って、読んであげることをおすすめします。

毎日子育て中の親御さんからの、メールやお電話でのご質問やご相談にお答えしていますが、

「うちの子は、どんぐり問題が楽しくて仕方がないようです」
というご家庭は、親御さんご自身が、どんぐり問題が好きで楽しいと思って取り組んでいるという場合がとても多いです。


■■■これは、絵本の読み聞かせでも同じです。

麻布中学・高校の国語科の教諭で、国語教育の第一人者である中島克治先生は、「絵本の読み聞かせ」に造詣の深い方ですが、ご自身がご家庭で読み聞かせをするときに、心から楽しまれており、時には感動して涙を流してしまったりするそうです。

最近の親御さんは、子育てに仕事に大忙しで、なかなか「子供とじっくり向き合う」心のゆとりがとりにくい、という方も少なくはありません。

「じっくり、ゆっくり、子供と向き合いたいけれど、具体的にはどうすればいいのかしら」「忙しい中でも何ができるのかな?」と悩まれている親御さんも多いですが、ぜひ中島先生の新刊を、本屋さんで手にとってご覧になってみてください。

「小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚」(中島克治)小学館

「子供の言葉の力をつける」親御さんの、子供との日々の関わり方の、ヒントが満載されています。

(メルマガ1月号で取り上げました早期教育に関する内容に関しての出典は、「0歳からの教育。ニューズウィーク日本版2014年」です。詳しい内容は、こちらの雑誌をご参考にされてください。)

(次回に続く)

************************************************************************************
■■■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を、オープンキャンパス方式で公開中です。
************************************************************************************

【この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】

http://www.donguriclub.com/index.html?mailmag=20140201

2014/02/01 どんぐり教育研究会