バックナンバー

  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】

2014/08/03 (Sun) 13:25
★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)

━━━━━━━━━━━━ http://donguriclub.jp/?mailmag=20140803 ━━━━━☆☆★

【このメールは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。今後、当メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】


夏まっさかり。
暑くて何をするにも体力を使うのに、ママたちは「しなければならない」ことがいっぱい。
私は、毎日まじめに飲んでいる漢方と、今月からスタートした、自宅でできる「和みのヨーガ」(なごみのヨーガ)で、何とか夏をのりきれそうです。

体調管理には、くれぐれもお気をつけください。


7月22日(火曜日)、福岡の地元情報誌が主催する「仕事、子育て、すべてにつながる。コミュニケーション力の育て方」と題するセミナーに、参加する機会がありました。

講師は、福岡工業大学で全学生を対象にコミュニケーション力の育成を担当されている、福岡工業大学・社会環境学部教授の、池田賢治先生でした。

池田先生の研究の出発点は「英語教育」。
現在は、言語の枠をこえ、効果的なコミュニケーションとは何かを、様々な学会に所属して、研究されています。

いろいろなお話を伺ったのですが、私が一番興味深いと思ったのは、コミュニケーションの本質は、
「思いやり、想像力、演じる力、場を読む力」であり、言葉は一つのツールでしかないということです。

たとえば、企業の人事担当者は、採用の面接時、その学生の、

「内面にあるもの」
「これまで経験してきたことなど」

を見抜いてしまうそうですが、その判断基準は、表面的な言葉よりも、「表情・立ち居ふるまい・話の聞き方」などの「ノンバーバル(=非言語)な部分」にあるとのこと。

諺にも「目は口ほどにものをいう」とありますが、言葉よりも顔の表情や視線、身振りといった「人間の内面にあるものが、言葉以外の部分から透けて見えている」ことが実際に多いのです。

そして、非常に大事なことなのですが、人間の本質は、小学3年生か4年生ぐらいには、決まってしまうそうです。(先生は「臨界期」という言葉を使われていました)

社会教育家の田中真澄先生は、「心的態度は最大の能力であり、全能力の8割を占める」と言われています。

子育ての参考にされてみてください。

■マンガ&コラム『子育て・スマイル』を掲載中です。現在、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談』をホームページにアップしています。ぜひご一読ください。


■■■新しいホームページ『どんぐり倶楽部オンライン PC&モバイル』をオープンしました。■■■
PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末での閲覧にも対応しています。今回新しく追加したコンテンツもありますので、一度のぞいてみてくださいね。
http://donguriclub.jp/?mailmag=20140803


■■■イベント(東京)のお知らせです。■■■
夏休みどんぐりたいむ ~みんなで一緒にどんぐりしよう~」
第1回 タワーホール船堀 8月20日(水)10:00~11:00
    (都営新宿線 船堀駅 北口より徒歩1分)
第2回 大田区民プラザ8月21日(木)第1部1:30~2:30・ 第2部3:00~4:00
(東急多摩川線下丸子駅から1分・東急池上線千鳥町駅から7分)

『どんぐり倶楽部オンライン PC&モバイル』の新着記事で紹介していますのでご覧ください。

***********************************************************************************

■■■「子どもが伸びる家庭の秘密!(その5)」

先日、あるお母さまから、メールで次のようなご質問をいただきました。

「どんぐり問題の年長さんは、○個ずつ、はんぶん、○れつ、○ばんめなど、今の子には難しい言葉が多いですね」

「生活体験の乏しい今の子には、この問題を考えるのは大変だと思います」

「幼稚園から帰って公園に行っても、友達はあまりいなく、親の時代とは全く違う環境の中での、子育ての難しさを感じています」

実は、このようなご質問は、最近特に多いのです。

「日常生活の中で、子供がいろいろな体験をする機会が減っている」と悩まれている親御さんは、決して少なくないように思います。


■■■どんぐり問題(年長)が難しい、と悩まれている親御さんも多いのですが、年長問題は「できなければならない」問題というよりも、親御さんにとっては、

「どんな言葉や概念を、この時期に身に付けるのが大事か、一つの指針となる親の教科書」と考えると、すっきり理解できるかもしれません。

幼児教育の研究では、小学校入学前に、学校ではじまる算数の教科学習を支える基礎学力として、「数の多い少ない、足し算・引き算の基礎、季節、時間の系列、逆対応、等分、一対多対応」などの概念を、遊びやお手伝いを通して、何度も繰り返し考える機会をもつことが、とても大事だと言われています。

■■■たとえば、どんぐり問題に、次のような問題があります。

「かめさんとみのむしさんが おともだちを 3人ずつさそって おさんぽに でかけました。いったい、みんなで なん人で おさんぽに でかけたのでしょうか。」(年長さん14)

この問題は一見簡単なのですが、「おともだちを3人ずつさそって」「みんなで」を正確にイメージできず、6人と答えるお子さんが多いようです。(正解は8人)

どんぐり問題に数多く登場しますが、「○○ずつ」という概念は、学校で習うかけ算、割り算の基礎にもなる、非常に大事な概念です。

しかし、最近のお子さんにとっては、大変難しいようです。

「くじらの きょくげいが だいにんきです。くじらは しっぽで 6このボールを じょうずになげます。3とうの くじらが いっしょに ボールのなげっこをしています。さて、ボールは みんなで なんこ なげられているのでしょう。」(年長さん31)という問題も、18個と正解できるお子さんは、とても少ないかもしれません。

ではなぜ、難しいのでしょうか。

それは、子ども同士のつきあいが少なく、遊びも、ゲームやテレビ視聴が中心となっている今日では、「○○ずつ」という言葉を聞いたり、使ったりする経験が、親御さんが思う以上に少ないからなのです。

「その言葉を聞いたり、使うことがない」
「だから、絵にしようとしても、イメージできない」

そう考えてみると、今子供たちに何が必要なのかは、すぐに分かります。

食事のとき、おやつを分けるとき、親御さんがさっさと分けるのではなく、お子さんに分けてもらいましょう。

また、近所のスーパーで、お子さんとあれこれおしゃべりをしながら、買い物をしましょう。

■■■大事なことは、日常生活そのものが学力向上のヒントとなるように、親御さんも知恵を使って、工夫することです。

たとえば、先日本屋さんで、「くふうの図艦」(小学館)というものを見つけました。

その中に、「ものさしがなくても、長さをはかる方法」として、自分の指や手のひらをつかって、ねぎなどの長さをはかる方法がかいてあり、面白いなーと感動しました。

人間の手の指4本分の長さを「つか」、親指と中指の間を「あた」というそうですが、自分の「つか」や「あた」が何センチであるかを把握しておくと、それのいくつ分かで、物の長さがはかれるのです。

親子で「つか」や「あた」を比べてもいいですし、「いくつ分」を繰り返し考えることで、非常に重要な算数の概念が、自然に身に付いてくるでしょう。

(次回に続く)

***********************************************************************************
■■■(1)絶対学力とは (2)イメージが苦手な子が増えているのはなぜ?を公開しています。
***********************************************************************************

【この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】

http://donguriclub.jp/?mailmag=20140803

2014/08/03 どんぐり教育研究会