バックナンバー

  • 2017/11/12 (Sun) 10:46
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月・増刊号】
  • 2017/11/01 (Wed) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月号】
  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】

2014/09/01 (Mon) 13:27
★☆☆ ホームページをリニューアルしました! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ■■■考える力・絶対学力を育てる  どんぐり倶楽部オンライン通信■■■
             どんぐり教育研究会 発行  (カニ先生)

━━━━━━━━━━━━ http://donguriclub.jp/?mailmag=20140901 ━━━━━☆☆★

【このメールは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。今後、当メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】


暑さの中にも秋の風情を感じられる今日このころ。
スポーツの秋。芸術の秋。
楽しい予定をたくさんたてて、カレンダーにかきこみましょう。

最近のアンチエイジングの研究によれば、毎日の生活の中での小さな目標や発見が、若々しさを維持するコツだそうです。


8月14日(木曜日)、地元のデパートが主催する「動物写真家・岩合光昭さんによるギャラリートーク」に、参加する機会がありました。

岩合光昭さんは、1950年生まれ。
19歳から動物写真家として活動され、特に身近な存在であるネコの撮影をライフワークとされています。

2012年からは、NHKのBS番組「世界ネコ歩き」がスタート。

「世界でくらすネコ」「日本全国47都道府県のネコ」をテーマに、写真集や写真展などで、精力的に発表されています。

いろいろなお話を伺ったのですが、私が興味深いと思ったのは、

1.動物はどこにいても、まず何よりも、自分の身の安全を確保しようとする(母ネコが安心していると、子ネコも安心して、一番かわいい顔をする)

2.ネコの写真を撮るときは、ネコの目の高さにカメラを構え、ネコになったつもりで、気持ちを想像しながら、撮影する。ゾウでもクマでも同じようにする。

3.相手のことを考えてあげるのが愛情で、これがないと、いい写真が撮れない。

なるほどなーと、思いました。

ネコ好きの方は、是非「世界ネコ歩き」のホームページをのぞいてみてください。

■■■新しいホームページ『どんぐり倶楽部オンライン PC&モバイル』をオープンしました。■■■
PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末での閲覧にも対応しています。今回新しく追加したコンテンツもありますので、一度のぞいてみてくださいね。
http://donguriclub.jp/?mailmag=20140901


■■■新しい準拠教室誕生のお知らせです。■■■
千葉県船橋市に、新しいどんぐりの教室ができましたのでお知らせします。
『絵で解くさんすう教室 edetoku~エデトク~ (準拠教室) /開講日 月曜日~金曜日 /所在地 千葉県船橋市西船2丁目 /教室代表者 入学悦子先生』
詳しくは、当会ホームページ「全国の教室案内」をご覧ください。


■マンガ&コラム『子育て・スマイル』を掲載中です。現在、特別企画『マンガでわかる!どんぐり学習 ママたちの体験談』をホームページにアップしています。ぜひご一読ください。

***********************************************************************************

■■■「子どもが伸びる家庭の秘密!(その6)」

夏休み期間中に、「才能が9割」(北端康良・経済界)という本を読みました。

今、お子様の仕事や将来のキャリア設計に不安を抱えている方が増えているように感じます。

それは、「グローバル化によって、競争が激しくなった」「モノやサービスがあふれ、人口が減り続ける日本の社会では、以前のような方法で、売るのが難しい」「高齢化社会になり、税金や保険料の負担が増えている」など、様々な理由があります。

この本の中では、将来の不安を解消するために、3つの質問によって「自分の才能を発揮できる場所」を見つける方法が書かれています。
私が特に興味深いと思ったのは、本の中で紹介されていた、
「やりたいことを見つけなさい。そうすれば、明日からあなたは働かなくていい」
という言葉です。

この言葉を残したのは、偉人であり発明王として有名なエジソン。

周囲の目からみれば、彼は誰よりも働き、一心不乱に発明に取り組んでいるようにみえたのですが、実は、「やりたいこと」を仕事にしていたエジソンには、「働いている」という実感はなかったとか。

将来の仕事について、「どうしよう?」子供に質問されたときには、是非このエジソンのお話を、語ってあげると良いかもしれません。


■■■その他にも、この本の中では、今後伸びていく仕事として、

「今までにないものを生み出せるクリエイティブな仕事」「人の感情を扱う仕事」の、二つが紹介されています。

日本では既に仕事の7割がサービス産業ですから、顧客の気持ちによりそう感受性や、対人スキルはとても大事です。

しかし、日本においては、時代が急激に変化しているにも関わらず、
「新しいものを生み出すクリエイティブな才能」や「人の感情を繊細に扱う才能」を伸ばす教育は、ほとんど行われてこなかったのではないでしょうか。

反対に、幼児期における「実感を伴わない知識の暗記」などには、上記の二つの才能を伸ばすどころか、かえって弊害があるということが、最近の研究では分かっています。

たとえば、東京大学名誉教授で、白梅学園大学学長の汐見稔幸先生は、

1.「感情から身体反応がもたらされ、その結果が大脳皮質に届いて知的判断が下される、という繰り返しによって、脳の回路は成長し、人間は複雑に思考し、動けるようになる」

2.「一般の生活にはない、フラッシュカードなどを用いた訓練には、感情が入り込むすきがない。相手の感情を察したり、配慮したりする面が育たない」

3.「機械的な作業ばかり続けていると、感情が動くどころか、不要だと判断され、幼児・児童期に刈り取られてしまう危険性がある」

と、警鐘を鳴らしていらっしゃいます。(週刊新潮・2014年8月14日・21日号)

長年美容師をしている知人と話をしていると、
「最近の大学生は、髪をきっている間にも、全く表情がない」「にっこり笑ったらかわいいのに、あまり笑わない」「表情がないから、何を考えているのか分からず、とても気を使う」というようなことを嘆いていました。

「相手の状況を考えないといけないので、電話は苦手」「何でもメールですませる」という大学生も、急増しているそうです。


■■■では、どうすればよいのでしょうか。
「心豊かな、優しい子供に育てない」「でも、何もさせない、というのは不安」と思われる親御さんも多いのですが、どんぐりの子育てでは、以下のことを重要視しています。

1.丁寧な日常会話が大切。言葉による十分なコミュニケーションが、理解力、読解力の基礎。

2.絵本の読み聞かせを通して、論理的な思考ができるようにする。

3.「これがやりたい」という能動的な遊びをさせると同時に、「考える学習」を通じて、全教科に共通する読解力を養成する。


■■■たとえば、どんぐり問題に、次のような問題があります。

「きょうは、もぐらの もぐもぐが かいものに いくひです。となりの なんでもやすいよしょうてんでは、なんでも 1こにつき 2えん ひいてうってくれます。もぐもぐは 1ぴき12えんとかいてる ごちそうみみずを 2ひき かいました。なんえん はらえば いいでしょうか。もちろん、1こにつき 2えんを ひいてくれますよ。」(年長さん5)

この問題は、主人公がもぐらです。
絵本を日ごろから読んでもらっているお子様は、もぐらは「土の中に住んでいる」「日光が苦手」「穴をほって、おうちを作る」などのイメージで、お話がつくれるかもしれません。

お勉強としてみたときに、この問題のポイントは、「1個につき2円ひいてくれる」ですが、この言葉は、子供には難しいかもしれません。

ただ、「答えがでればそれで問題クリアー!」ではなく、

「何でも安いお店におって、何でも2円ひいてくれたら、もぐらさんはどんなに嬉しいか」
「余ったお金はどうするのかな」など、いろいろなことをイメージして、楽しんで絵をかくことが出来ると思います。(正解は20円)

(次回に続く)

***********************************************************************************
■■■当会オリジナル『ママのための子育て振り返りノート』が当サイトからダウンロードできるようになりました。(無料)■■■

子育て中の親御さんに共通する悩みの中で、最も多いものの一つに、「どうすれば、イライラしたり、お子さんに怒って落ち込んだりする、自分の感情をコントロールできるのか」があります。
毎日気になった出来事を書くことで、事実を客観化し、無駄にお子さんにイライラすることが少なくなります。まずは1週間続けてみてください。
***********************************************************************************

【この通信で取り上げてほしいテーマやご質問があれば、いつでもメールをお願いします。今後、メルマガの配信を希望されない場合は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。】

http://donguriclub.jp/?mailmag=20140901

2014/09/01 どんぐり教育研究会