バックナンバー

  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】

2015/04/06 (Mon) 14:15
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

   考える力・絶対学力を育てる
  =どんぐり倶楽部オンライン通信=
 どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
       2015/04/06号

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆桜の花も咲いて、春がやってきましたね。
新しいことに挑戦するには、ぴったりの季節です。

イラスト・詩・絵本など、幅広いフィールドで創作活動を展開しているポップアーティスト、326さん(ナカムラミツル)の作品集が15年ぶりに出版されました。

私はずっとパンダの絵が描かれている326さんのポストカードを使っていたので、(絵がかわいい)とても嬉しいです。

最近では小学校でのワークショップや絵本の読み聞かせ会など、いろいろな活動をされています。

興味のある方は、ネットで調べてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】

◇〔1〕『親として知っておきたいキャリアの話(その2)』

◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その1)」

◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~3年生)を発行しました。

◇〔4〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔1〕『親として知っておきたいキャリアの話(その2)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月14日(土曜日)、福岡大学で開催された『ブレイクスルー2014・第三回コンテスト』に参加する機会がありました。

日本の少子化の影響は市場の縮小につながり、今後30年間で約3000万人の人口が減少していくと推測されていますが、これは毎年100万人の市場(北九州市と同じ人口)が国内から消えていくことを意味しています。

これに対して、中国・インド・インドネシアを中心としたアジア諸国においては、2030年までに新中間層が23.6億人にまで増え、毎年2700万人の新しい市場が生まれるといわれています。

しかしながら九州において海外進出している企業はまだ少なく、留学生の九州の企業への就職数もとても低い数字となっています。


■『ブレイクスルー2014』はこのような問題意識から日本人学生と留学生がチームを作って、テーマ先企業での「実践的な問題解決型インターンシップ」を行っています。

たとえば、「久原本家プロジェクト」では、最近主婦向け雑誌で大人気の「和風だし」を中国で販売するために通信販売に必要な体制と運営の仕組みつくりをテーマに活動しています。

このプロジェクトでは、まず問題としてあがってきたのは、中国では、日本の「だし」を知らないということでした。

そこで留学生と一緒に「中国の家庭料理に日本のだしを使えないか」というアプローチを考え、たどりついたのが「おかゆ」でした。

そこで久原本家の商品を使った「だしがゆ」のレシピ作成や、中国現地での試食会などを行い活発に活動されています。

当日は、和食動画サイトの運営をされている企業家の方からのコメントなどもあり、大変興味深く拝聴させていただきました。


■こういった「チーム」での行動が社会から注目されはじめた中、最新のデジタルテクノロジーを使ってアート作品を制作している「チームラボ」代表の猪子寿之さんは、

「今の社会で求められる創造的な仕事は、それぞれの得意分野を持ち寄って、チームで考え、チームでつくる方向に大きくシフトしている」

という観点から「子どもたちが創造的な行為をすることや、チームで成果をだすことを楽しいと実感できる教育」を提案されています。(アエラ 2014年3月16日号)

子育ての参考にされてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その1)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日あるお母さまから、メールで次のようなご報告をいただきました。

「以前、小学3年生のうちの子が、どんぐりを楽しんでいない様子のことで相談しました」

「メール相談で、答えはおまけというスタンスでないと、楽しく取り組めないとありましたので、何をどう変えたらいいのかいろいろと考えてみました」

「そこで文章を読むときにただ読むだけでなく、例えば何かの動物がでてくる話の時には、その動物に関連して子供と体験したエピソードなどを話しながら、ゆっくり問題に取り組むようにしました」

「そうすると子供がだんだん楽しめるようになってきて、絵をしっかり描く忍耐力やこうするとどうなるか、考える姿勢がみえるようになってきました」

「以前は絵を描いても最後までたどりつくまでに、話の前半をすっかり忘れてということがありましたが、最近はそれがなくなってきたようです」

このようなご報告は、最近とても多いのです。

なかなかどんぐりを楽しめないと悩まれている親御さんは、是非この「答えはおまけ」という大切なお約束を思い出してみてください。


■前回のメールにも書きましたが、

学力がぐんぐん伸びていくお子さんと伸び悩むお子さんの最も大きな違いは、

「自分のイメージで、考えること自体を楽しめるかどうか」

「考え続けることができる忍耐力が育っているか、いないか」(←重要)

にあります。
 
どんぐり問題には、ありのりんこちゃんや、がんばるどん(どんな生き物かは不明)など様々なキャラクターが登場します。

一人一人の子供がそれぞれに自分でキャラクターをイメージして、そのキャラクターを動かして問題に立ち向かっていきます。


■実はここが重要なポイントなのです。

「りんこちゃんは、遠い旅に出かけます」という文章から想像して、りんこちゃんが持つ大きなリュックサックを絵の中にかきこんだり、オリジナルのイメージを楽しむことで自然に「楽しく考える力」がついてくるのです。

これまでに幼児から中学生まで数百人のお子さんを、塾講師や家庭教師として見てきましたが、「学力が伸びる」お子さんは言葉をイメージする力にすぐれています。

またたとえば歴史の勉強をするにしても単に年号を覚えようとするのではなく、歴史上の人物を自分なりにイメージして、自分の体験や感じたこととも重ねて自分を投影するという「主人公感覚」にすぐれています。

この「主人公感覚」というのは、脳科学においても「記憶力を高める」「理解力を高める」などの効果があると最先端の研究によって実証されています。


■たとえば、どんぐり問題に、次のような問題があります。

「クジラのマッコウ君の今日の夕飯はプランクトンです。
今、赤プランクトンと青プランクトンと緑プランクトンが合計で2712匹います。
赤プランクトンは青プランクトンの丁度3倍で、青プランクトンは緑プランクトンの丁度半分います。
では、赤、青、緑のプランクトンは、各々何匹いるのでしょうか」(3年生57)

この問題は、「3年生には難しすぎる…」と思われるかもしれません。

「大きな数のわり算を習っていない子が、どうやって正解するのだろう」と不思議に思われる方も、多いと思います。

実は、この問題は、「2712÷6」というわり算をしなくても、答えを出すことができます。

たとえば、絵を丁寧に描いてみると、「赤プランクトンは、全体の半分である」ということに気付きます。

そこで、2712匹を、丁寧に「半分に分ける」ことで、「赤は、1356匹である」ということがまず分かります。

次に、青は赤の3分の1なので、今度は1356匹を「3つに分ける」ことで、「青は、452匹である」ことが分かります。

最後に、452匹を2倍することで、「緑は、904匹である」ことが分かります。

このように、「自分の描いた絵図をじっと見る」という取り組みを続けていると、年長からスタートして3年生にあがる頃には、かなり複雑な問題でも、「考えること」が、面白く感じられるようになってくるのです。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~3年生)を発行しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この冊子「学習の手引き」では、保護者向けの解説として1年生までは「絵図」と「足し算、引き算を使った式」ならびに「答」、2年生では、それに加えて「かけ算を使った式」ならびに「答」を掲載しています。

「絵に描けないから」といって、「学習の手引き」の絵図をすぐにお子さんに見せる、式を写させるという使い方では学力は伸びません。

この手引きを参考にして親御さん自身がどんぐり問題に取り組み、「絵図で考える」とは何かを一度体験なさってみてください。

http://donguriclub.jp/shopping_cart/guidebook_index/

価格は4学年とも4000円(送料等込み)です。現在『学習の手引き』(4年生)の作成に取り組んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新サイトは、PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末での閲覧も軽快です。

新コンテンツ『パパ・ママのニュース』には、平成14年度生まれのお子さんから対象となった新大学入試制度に関する記事も追加していきますので、一度のぞいてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔4〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日はこれから地元で開催される脳科学者・茂木健一郎先生の講演会に参加してきます。
「頭がいいって何?わかるって、どういう事?」というタイトルのお話です。

詳しい内容は、次回のメルマガでご紹介したいと思います。

※最後までお読みいただきありがとうございました。次号は来年5月11日(月)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんぐり教育研究会
URL: http://donguriclub.jp/?mailmag=20150406

-------------------------------------------------------------

○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。

▽お問い合わせはこちらまで
< info@donguriclub.com >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━