バックナンバー

  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】

2015/05/11 (Mon) 12:26
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

   考える力・絶対学力を育てる
  =どんぐり倶楽部オンライン通信=
 どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
       2015/05/11号

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆楽しいゴールデンウイークも終わり、ちょっと疲れがでてくる時期になりました。
体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

先日、福岡アジア美術館(福岡市)で開催中の「木梨憲武展」(5月24日まで)に行ってきました。

とんねるずの木梨さんは、タレントとして活躍する一方で、アトリエを持ち、アーティストとしても活動されています。

今回は創作をはじめた1994年頃の作品から最新作まで、約20年間に渡って制作された絵画を中心に作品が展示され、会場は大盛況でした。

木梨さんの作品は色がとても鮮やかで、見ているだけで元気になるような気がします。

興味のある方は、ネットで調べてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】

◇〔1〕『親として知っておきたいキャリアの話(その3)』

◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その2)」

◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~4年生)を販売中です。

◇〔4〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔1〕『親として知っておきたいキャリアの話(その3)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月6日(月曜日)、佐賀新聞文化センター(佐賀市)の主催で開催された『脳科学者・茂木健一郎スーパープレゼンテーション』に参加する機会がありました。

講演では話題の動画などを使いながら、最新の脳科学の成果を教えていただき、大変興味深く拝聴させていただきました。

最近の研究によると、脳は「予想できないことがあることを前提」にできており、「それに対応するために進化している」ことが判明しています。

脳の感情と記憶のシステムは予想できないことに対応するためにできており、最近記憶力が低下していると感じるのであれば、それは生活の中に「驚き」や「喜怒哀楽」が足りていないのかもしれないとのお話でした。

脳をいつまでも若々しく保つには、自分がやってみたことのないことをやってみる、いわゆる「無茶ぶり」にこたえることが有効だそうです。

茂木先生の講演会に参加して、私はこれから「変化の激しい」「先の見えない」世界を生き抜く子供たちのために、大きな力と勇気をいただいたように感じました。


■『データでわかる2030年の日本』(洋泉社)など、多数の著書をもつマーケティング・リサーチャーの三浦展さんは、

「人口減少が進むと、今の子どもたちの働きはじめる時代の会社は「外資系」ということはいたって普通になる」

「新興国といわれる国が大国になっていき、社長が中国人で、上司がインド人ということも十分におこりうる」

「企業側も優秀な人材を採用したいので、国籍を問わず能力がないと雇ってもらえない=かなりシビアな実力社会になる」

と分析されています。

そして、こうした社会に対応するには、

「子どもの得意なこと、大人になって稼げる能力は何かを見極め、どこを伸ばすかを考える必要がある」

「今までは、海外で外国人と交渉する仕事は一部のエリートの仕事だったが、今後は地方から海外に出張したり、外国人と一緒に働く機会が増える。グローバル化には都市も地方も関係ない」

という内容のことを、言われています。(デュケレ17号・2013年)


■福岡市内でも、ここ1年ほどで外国人を見かける機会が急増し、“グローバル化”は想像を超えるスピードで動いているようです。

最近、平成26年度の近畿大学卒業式で、ホリエモンこと堀江貴文さんが来賓として行ったスピーチがネットで大きな反響を呼びました。

私もそのスピーチをネットで視聴したのですが、

「日本が豊かであるという時代は終わった」「もう敷かれたレールの上を走っていればいいという時代ではない」「“インターネット化”と“グローバル化”により、変化のスピードが加速している」「自分の頭で考え続けよう。過去をふりかえる暇はないのだ」というメッセージは、非常に示唆に富んでいました。

子育ての参考にされてみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔2〕「子どもが勉強好きになる子育てとは(その2)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日あるお母さまから、メールで次のようなご相談をいただきました。

「どんぐりをスタートした年長の子の学習の進め方について相談です。課題がいくつも見つかり、どうすればいいのか悩んでいます」

「大きな課題としては問題の中にある日本語の理解が難しくて、一度で理解できません」

「また集中力がなく、すぐに“分からない”と言い出すので困っています」

実は、このようなご質問は大変多いのです。


以前のメルマガでも書きましたが、どんぐり子育てがおすすめしている“お子さんの年齢に応じた子育てと教育”は、大体こんな感じになります。

1. ゼロ歳から5歳… 日常生活を感じ味わう子育て
2. 5歳から6歳… 理解するためのお絵かきによる教育
3. 6歳から9歳… 理解の完成(じっくり、ゆっくり、丁寧に)
4. 9歳から12歳… 目で考える力を活用した思考力養成
5. 12歳から15歳… 知識という材料を利用した、思考力の完成(思考回路をきたえるために、多少無理をして大量学習やスピード学習を行ってもいい)


■たとえば親御さんの中には、「分からない」「難しい」とすぐに言いだすお子さんの様子をみて、

「答えを出すことを急がせないように、1日1文だけしか絵をかかない。数日かけて問題に取り組む」

「わからんという言葉が、自分を否定しているように子供に聞こえるらしいので、わからん帳は親が判断して、子供には言わない」

「子供だけでなく親も一緒に取り組む。答えではなく、子供の絵そのものに興味をもって、楽しむ」

など様々な工夫をされている方がおられます。

特にこれまで頂いたご相談やご質問をふりかえってみると、

「子供と一緒にどんぐりをする」

というのが、とても“大事だなー”と私は感じています。


■実はここが重要なポイントなのです。

2008年・北京オリンピックの競泳日本代表チームの指導を行い、一躍有名になった医学博士の林成之先生は、長年の脳科学の研究による知見から子供の脳を育てる方法「育脳」を提唱されています。

林先生は脳が求めている生き方の基盤には、

「生きたい・知りたい・仲間になりたい」

という3つの本能があり、その本能にスイッチを入れることが、脳機能と心を育てるには、とても重要であると主張されています。


たとえば、乳幼児期の子供に対しては、
「母親が積極的に話しかける」

「子供に対して笑顔を見せる」

「幼児期の自己中心的な子供の言動に対しても、極力否定語を使わない」

「子供と一緒に共感・共有・感動体験をたくさん行う」

ことが、子供の「生きたい・知りたい・仲間になりたい」という本能にスイッチを入れ、脳機能と心を育てることになるのです。

「お子さんと一緒にお金を使って買い物をする」「お子さんと一緒に野菜を洗ってサラダを作る」「お子さんと一緒に季節を感じながら散歩をする」など、日常的にも親子で楽しくできることはたくさんあります。


親にとって一番難しいのは「何言ってるの!ダメ!無理!そんなことも分からないの?」といった否定語を使わないことかもしれません。ここで一つ“声かけ”にも工夫をしてみましょう。

林先生は、脳のパフォーマンスをあげるためには、日常的に
1. 身体を動かすこと
2. 絵をかくことが有効であると言われており、林先生の「育脳」の観点からもどんぐり子育ての「遊び、友達、視考力」は、理にかなっていると感じました。

(参考文献「子どもの才能は3歳7歳10歳で決まる!」林成之・幻冬舎新書)


■どんぐりの取り組みが難しいと悩まれている親御さんは、是非、

「お子さんが絵をかいたときは、笑顔を向けてしっかり見てあげる」

「お子さんに何か質問をされたときには、笑顔で丁寧に答える」

などの工夫を通して、子供の「仲間になりたい」という本能にスイッチを入れ、「もっとやりたい」「もっと知りたい」という気持ちを応援することを、強くおすすめしたいと思います。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~4年生)を販売中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この手引き(全問とも絵図・式・答が付いています)を参考にして親御さん自身がどんぐり問題に取り組み、「絵図で考える」とは何かを一度体験なさってみてください。

http://donguriclub.jp/shopping_cart/guidebook_index/

価格は5学年とも4000円(送料等込み)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新サイトは、PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末での閲覧も軽快です。

新コンテンツ『パパ・ママのニュース』には、平成14年度生まれのお子さんから対象となった新大学入試制度に関する記事をはじめとしたニュースも随時追加していきますので、一度のぞいてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇〔4〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

20代は美しく、30代は強く、40代は賢く、50代は(精神的に)豊かに、60代は健康に。
あるジャーナリストの方が、雑誌でご紹介されていた言葉に出合い、「なるほどなー」と思いました。
特に40代は、やるべきことを選択していく賢さも必要になる時期だそうです。

※最後までお読みいただきありがとうございました。次号は6月1日(月)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんぐり教育研究会
URL: http://donguriclub.jp/?mailmag=20150511

-------------------------------------------------------------

○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。

▽お問い合わせはこちらまで
< info@donguriclub.com >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━